キャッシュフローを用いた分析

1、キャッシュフローの区分
キャッシュフロー計算書は営業活動、投資活動、財務活動によるキャッシュフローに区分される。

(1)営業活動によるキャッシュフロー
営業活動は、物品の販売やサービスの提供からの現金収入や棚卸資産の取得や費用支払いの為の仕入先や従業員への現金支払など主たる収益獲得活動による営業損益計算の対象となった取引がここに含まれる。 営業活動によるキャッシュフローは直接法か間接法により表示されることとなっているが、実務上は間接法を使う企業が多い。 間接法とは、会社の利益を前提として非資金損益項目を調整していく方法だ。

(2)投資活動によるキャッシュフロー
固定資産の取得及び売却、現金同等物に含まれない短期投資の取得及び売却等によるキャッシュフローを記載。

(3)財務活動によるキャッシュフロー
資金調達及び返済によるキャッシュフローを記載。

2、キャッシュフロー分析と企業経営
企業のキャッシュの動態については、キャッシュフロー計算書によって把握することができる。しかし、実際の企業分析上では営業キャッシュフロー及び投資キャッシュフローを損益計算書及び貸借対照表の数値から計算して、過去の時系列の変化を捉えたり、将来キャッシュフローの予想を行ったりすることが多い。 フリーキャッシュフローは、必要なキャッシュの支出を全て行った後に、株主や債権者にとって自由に利用できるという意味だ。尚、定義は必ずしも一本化されていないが、営業キャッシュフローとフリーキャッシュフローを以下のように表す。

・営業キャッシュフロー=当期純利益+減価償却費−売上債権増減−棚卸資産増減+仕入債務増減
・フリーキャッシュフロー=営業活動によるキャッシュフロー+投資活動によるキャッシュフロー

営業キャッシュフローは、会計上の利益に調整計算を加えて算出する。 投資とは、将来果実を得るために行うキャッシュアウトフローであり、営業キャッシュフローは、過去に行われた投資から得られた果実である。過去に行われた投資から現在のリターンが得られ、現在のリターンを原資として将来の為の投資が実施される。

ではここでフリーキャッシュフローがマイナスになる理由を考えて見よう。すると以下の3点が挙げられるだろう。

・投資が増加している一方で、営業キャッシュフローが低迷している。
・投資は増加していないが、それ以上に営業キャッシュフローが低迷している。
・営業キャッシュフローは好調だが、それ以上に投資が増加している。

では、この3つを挙げた上で考え方を説明しよう。まず、キャッシュフローがマイナスになることは必ずしも悪いことではないということだ。当期の営業キャッシュフローを上回る規模の投資が必要であると判断されたならば、フリーキャッシュフローはマイナスになる。重要なことは、フリーキャッシュフローがいつプラスに転じるかを予測することである。一方でフリーキャッシュフローを持ちすぎている企業については、採算に合わない投資をする危険性や、有望な投資機会が少ない可能性があるので注意が必要だ。

また、株式の価値(=内在価値、本質的価値)は、企業が将来に渡って生み出すであろうキャッシュフローの割引現在価値合計として計算される。従って、将来キャッシュフローを齎す投資が実現されなければ、株式の価値は低下する。キャッシュフロー分析は、このような経営の推移をみる上でとても有用である。

3、キャッシュフロー指標
(1)債務償還年数 債務償還年数=有利子負債/営業活動によるキャッシュフロー 営業キャッシュフローを基準に、有利子負債を何年以内に償還できるかを示す指標。

(2)営業キャッシュフロー比率 営業キャッシュフロー比率=営業活動によるキャッシュフロー/流動負債 企業が営業活動によるキャッシュフローによって、流動負債をどのくらい返済できるかを示す指標。