株価指数

1、株価指数について
株式市場では様々な銘柄が取引されている。市場全体を捉えたければ代表する数値を考えておく必要がある。そこで登場するのが株価指数、つまりインデックスであり、市場全体の動向を表す数値として、またポートフォリオの状況を判断する数値として有用なものだ。 株式市場全体を代表する数値を考える際に、株価合計を単純平均した平均株価の他に、時価総額で計算されたものがある。

2、日本における代表的な株価指数
日本の代表的な株価指数としては、ニュースでもお馴染みの日経平均株価とTOPIXが挙げられる。

(1)日経平均株価(日経225)
算出方法は単純平均であり、東証一部上場企業の中の225銘柄を対象として、その株価合計を恒常除数で割って算出している。また単位は円となっている。 株式数で加重平均をとっていないことで、値がさ株や品薄株、小型株の影響を受けやすい状況となっている。 そして指数の構成は、採用銘柄の上場廃止や合併などを反映する為しばしば見直され変更される。

(2)TOPIX(東証株価指数)
算出方法は時価総額加重平均であり、1968年1月4日を基準として、東証一部に上場の全銘柄について、その基準時の時価総額を100としてその後の時価総額を数値化したものだ。単位は円ではなくポイントとなっている。 また、上場株式数で加重平均している為、大型株つまり時価総額の大きい銘柄の影響を受けやすい状況となっている。