株式について

1、株式とは
株式は株式会社の株主としての法律上の地位をいい、株主権や持分ともいう。株式会社の株主の地位は均等に細分化された割合的単位を取り、株式会社は広く多数の人々から円滑に自己資本を調達することが可能になる。株主権は具体的には有価証券である株券によって表章されるので、有価証券としての株券そのものを株式と表現することもある。

2、株主の権利と義務
株主は自己の保有する持ち株数に応じて均等な数個の株主の地位を有し、所有する株式数に応じて会社より均等の扱いを受ける。これを株主平等の原則という。 株主は株式会社の構成員である株主権の帰属者であり、株主足りうる資格については特に何の制限はなく、自然人でも法人でもなることはできる。但し、子会社が親会社の株式を取得することは会社法で原則として禁じられている。また独占禁止法により、一定の場合に株式の取得や保有が制限されている。

(1)株主の権利
株主の権利とは、株主が株主権に基づいて会社に対して有する種々の権利で株主権の内容を成すものだ。株主の権利を目的に従って分類すると自益権と共益権に分けられる。 自益権とは、株主が会社から直接経済的な利益を受けることを目的とする権利で、剰余金配当請求権、残余財産分配請求権が主なものだが、他にも株式買取請求権もある。 共益権とは、株主が会社の管理運営に参与することを目的とする権利であり、株主総会における議決権が主だ。その他には、株主総会決議取消請求権や取締役等の違反行為の差し止め請求権などもある。 自益権は1株しか所有していない株主でも行使することは可能。それに対して共益権は、議決権のように1株でも行使しうる単独株主権もあれば、帳簿閲覧権のように発行済株式総数の一定割合または一定の株式数以上を所有する株主のみが行使しうる少数株主権とがある。

(2)株主の義務
株主は会社に対して出資義務を負うにすぎない。つまり、定款や株主総会決議でこれ以上の義務を負わせることはできないということだ。これを株主有限責任の原則という。

3、株式の種類
株主平等原則からすれば、株主権の内容は全て同一でなければならない。しかし会社法では例外的に、権利内容に変化を与えて自己資本調達を容易にする為、株主権の内容において異なった株式の発行を認めている。

では代表的なものを挙げておこう。

(1)普通株、優先株、劣後株
利益配当、残余財産の分配またはその両者について優先的に取り扱われる株式を優先株という。また、劣後的な取り扱いを受ける株式を劣後株、標準的な扱いとなる株式を普通株という。

(2)議決権制限株式
株主総会の全部または一部の事項について、議決権を行使することができない株式をいう。議決権制限株式は配当優先株式がそれに該当するが、普通株式等についても制限付きでの発行が認められている。

(3)トラッキングストック
配当等が、会社の特定事業部門や子会社の業績に連動するもの。