2017年05月13日

決算発表がピークを迎え多くの国内企業が過去最高益を達成。来週の円は中立。米ドルについても上昇の勢いは鈍ってきており消去法によりユーロが買われやすい地合いとなる見通し。


【すないぱぁコラム】
vol.0219号 2017年05月13日発行

▼来週月曜のFX予想はコチラ▼
https://goo.gl/RGknKZ

▼来週月曜のBO予想はコチラ▼
https://goo.gl/ajgPim

★☆★メルマガ会員募集中★☆★

君は勝利を掴んだことがあるか!?勝利を掴みたい全ての人達へ送る究極のFX&BO必勝マニュアルが遂に完成!更に当サイトメルマガにて、すないぱぁ氏がお送りする的中率90%FX&BO予想配信中!本当に稼ぐ事が出来る情報を今すぐGET!!

▼メルマガ登録はコチラから▼
https://goo.gl/M8DH3o

【1】前回獲得pips&予想収益

~05/12(金)~

推奨トレード(1) 【15】pips
推奨トレード(2) 【0】pips
レンジ取引 【0】pips
推奨&レンジ合計 【15】pips

▼すないぱぁFX予想実績▼
https://goo.gl/klyyfC

▼収益シミュレーション【国内口座】▼
収益【21244】円
※1ドル=113円換算として
※元金50万円、レバレッジ最大25倍として

収益【42488】円
※1ドル=113円換算として
※元金100万円、レバレッジ最大25倍として

収益【212440】円
※1ドル=113円換算として
※元金500万円、レバレッジ最大25倍として

▼収益シミュレーション【海外口座】▼
収益【150,516】円
※1ドル=113円換算として
※元金10万円、レバレッジ最大888倍として

収益【752,580】円
※1ドル=113円換算として
※元金50万円、レバレッジ最大888倍として

収益【1,505,160】円
※1ドル=113円換算として
※元金100万円、レバレッジ最大888倍として

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
本気で稼ぐなら海外口座がオススメです!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

海外口座なら国内口座のおよそ35倍のレバレッジまで可能!
これならたった10万円の元金でも一発逆転が狙えます!

▼詳しくはコチラから▼
https://goo.gl/6xADcO

【2】今週合計獲得pips&予想収益

【5営業日】
~05/8(月)~05/12(金)~
合計【105】pips

▼収益シミュレーション【国内口座】▼
収益【148,369】円
※1ドル=113円換算として
※元金50万円、レバレッジ最大25倍として

収益【296,738】円
※1ドル=113円換算として
※元金100万円、レバレッジ最大25倍として

収益【1,483,690】円
※1ドル=113円換算として
※元金500万円、レバレッジ最大25倍として

▼収益シミュレーション【海外口座】▼
収益【1,053,612】円
※1ドル=113円換算として
※元金10万円、レバレッジ最大888倍として

収益【5,268,060】円
※1ドル=113円換算として
※元金50万円、レバレッジ最大888倍として

収益【10,536,120】円
※1ドル=113円換算として
※元金100万円、レバレッジ最大888倍として

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
本気で稼ぐなら海外口座がオススメです!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

海外口座なら国内口座のおよそ35倍のレバレッジまで可能!
これならたった10万円の元金でも一発逆転が狙えます!

▼詳しくはコチラから▼
https://goo.gl/6xADcO

【3】来週月曜の市場動向

▼主要通過パワーバランス▼
↑(強い)/→(中立)/↓(弱い)
ユーロ…【↑】
米ドル…【→】
日本円…【→】

本日予定通り決算発表はピークを迎えた。上場企業の970社が決算発表をしたわけだが、多くの企業で過去最高益を達成。そもそも期中平均レートは120円から108円と12円もの円高に移行しているにも関わらず、素晴らしい結果であったと評価できるのではないかと私は見ている。また、売上げが減収となっていても純利益が増益になっている企業も多く、企業努力の証と言えるだろう。そして、実はこの数値自体は更に良いと私は捉えていて、その根拠としては現状ドル円は足元114円台で推移しているものの、105円程度で見積もっている輸出企業もあるからだ。このように相当な保守的な想定をすることで実際の利益を過小見積もりしていることに他ならない。また、去年は減益予想をしている企業が目立ったものの、今回は一転して上方着地、増益予想の強気に転じているのも大きな特徴だ。それだけ長期展望が明るくなってきていると判断して良いと私自身分析している。ただそうは言うものの来週の相場に関しては、決算材料出尽くしから今までの円安の流れは一服となると私は見ている。今後の円安株高の再開の鍵は、実は米国の長期金利に依存することになると私は考えている。そう、キーとなるイベントは6月、9月、12月に行われるアメリカ連邦公開市場委員会(FOMC)での利上げ決定の有無ということになるだろう。さて、株式のコメントに戻りたいと思うが今後の有望な業種として2つ挙げておきたい。一つは建設関連銘柄であり、もう一つは不動産銘柄だ。前者について、スーパーゼネコン4社(鹿島建設、清水建設、大成建設、大林組)に関しての純利益の伸びは特に目を見張るものがあった。最も額として大きかった鹿島建設は純利益が1048億円。また、清水建設の純利益は989億円であり前年比で何と66.8%もの増益となっている。また、後者の不動産開発大手3社(三井不動産、三菱地所、住友不動産)については、3社とも揃って純利益が1000億円を超えており更には前年増益比が10%を超えている状況だ。現在建設コストは上昇傾向にあるのは事実であり、その点に関してはネガティブ要因であるものの、都心での空室率の高さを鑑みればまだまだ株価上昇の余地はあるのではないかと私は見ている。以上、全体として日本の株価は一旦落ち着くだろうから来週の円は中立。米ドルについても上昇の勢いは鈍ってきており、消去法によりユーロが買われやすい地合いになると私は分析している。

【4】すないぱぁFX予想

▼来週月曜のFX予想はコチラ▼
https://goo.gl/RGknKZ

【5】すないぱぁBO予想

▼来週月曜のBO予想はコチラ▼
https://goo.gl/ajgPim

【6】来週の注目経済指標



LINE@始めました!どんな質問やご要望にもLINE上でお答えいたします。