2017年05月26日

日経平均株価、1週間ぶりに1万9800円台を回復。外国為替市場は全体的に動きが縮小、比較的静かに推移するか。


【すないぱぁコラム】
vol.0228号 2017年05月26日発行

▼本日のFX予想はコチラ▼
https://goo.gl/RGknKZ

▼本日のBO予想はコチラ▼
https://goo.gl/ajgPim

★☆★メルマガ会員募集中★☆★

君は勝利を掴んだことがあるか!?勝利を掴みたい全ての人達へ送る究極のFX&BO必勝マニュアルが遂に完成!更に当サイトメルマガにて、すないぱぁ氏がお送りする的中率90%FX&BO予想配信中!本当に稼ぐ事が出来る情報を今すぐGET!!

▼メルマガ登録はコチラから▼
https://goo.gl/M8DH3o

【1】前回獲得pips&予想収益

~05/25(木)~

推奨トレード(1) 【15】pips
推奨トレード(2) 【0】pips
レンジ取引 【0】pips
推奨&レンジ合計 【15】pips

▼すないぱぁFX予想実績▼
https://goo.gl/klyyfC

▼収益シミュレーション【国内口座】▼
収益【20,868】円
※1ドル=111円換算として
※元金50万円、レバレッジ最大25倍として

収益【41,736】円
※1ドル=111円換算として
※元金100万円、レバレッジ最大25倍として

収益【208,680】円
※1ドル=111円換算として
※元金500万円、レバレッジ最大25倍として

▼収益シミュレーション【海外口座】▼
収益【147,852】円
※1ドル=111円換算として
※元金10万円、レバレッジ最大888倍として

収益【739,260】円
※1ドル=111円換算として
※元金50万円、レバレッジ最大888倍として

収益【1,478,520】円
※1ドル=111円換算として
※元金100万円、レバレッジ最大888倍として

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
本気で稼ぐなら海外口座がオススメです!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

海外口座なら国内口座のおよそ35倍のレバレッジまで可能!
これならたった10万円の元金でも一発逆転が狙えます!

▼詳しくはコチラから▼
https://goo.gl/6xADcO

【2】本日の外国為替動向

▼主要通貨パワーバランス▼
↑(強い)/→(中立)/↓(弱い)
ユーロ…【→】
米ドル…【→】
日本円…【→】

外国為替市場では大きなイベントもなく、全体的に動きが縮小する形となった。今日も日中はこれと言って重要なイベントはなく、比較的静かに推移するだろう。ユーロについては、昨日まで対ドルと対円に対して強含む状況であったものの、その勢いには陰りが見えている。バランスとしては各通貨共にイーブンで捉えておこう。レンジの枠が小さいと予想しているが、しっかりとラインを見極めて逆張りをしていく戦略が今日は有効と思われる。特に方向感が見られないのはドル円だろう。その分ラインの見極めもしやすいだろうから、反復して利益を地味に出せるだろう。夜の注目は21時半アメリカの国内総生産(GDP)と耐久財受注、23時のミシガン大学消費者態度指数の数値には注目したい。23時以降25時くらいまでが、最も動きが活発になりやすい時間帯になると見ている。

【3】本日の株式市場動向

▼本日の推奨銘柄▼
銘柄コード【6815】
銘柄名【ユニデンHD】

日経平均株価は、1週間ぶりにようやく1万9800円台を回復した。ただ、これも2万円を目指す勢いがあるかというとそれには遠く及ばないと言えるだろう。というのも、米国株の上昇に釣られて小幅高となったに過ぎないからだ。また、値嵩株である9984ソフトバンクグループが8834円の322円高と大きく牽引したこと以外には、殆どの銘柄に置いて大して上昇しなかったと言える。先日のFOMC(連邦公開市場委員会)議事要旨を再度分析すると、総合的に曖昧なものだったと改めて私は感じる。まず利上げペースに関しては、まもなく必要になると言った主旨の内容。そして量的緩和に関しては、ゆっくりと縮小していくという主旨の内容。それぞれどうとでも取れるものであり、年内2回の利上げはマーケットは既に織り込み済みである為、それを逸脱してはいないことは確か。ただ一つはっきりしていることは、利上げペースも量的緩和縮小も急ピッチでは行わないと読み取ることができ、これは株価にとっては潜在的にプラスであると私は分析している。その為、日経平均株価についても大きく下振れする可能性は少ないと考えている。今回の買い推奨銘柄は、銘柄コード6815のユニデンHDだ。無線の通信機器やコードレス電話、そして車載モニターなどの開発を手掛けるメーカーだ。また、販売の主力は北米やオーストラリアといった海外地域に展開している。特に今回の決算に関しては前年比で営業利益が2倍以上となっている。また、売上について輸出の占める割合が8割を超えていて、想定レートを105円と堅く見積もっている状況である。その為、現在のドル円レートからの乖離を考えてもこれからの実際の利益増額の余地は大きく期待ができるだろう。押し目らしい押し目を探すのも難しいが、230円を割れてきた辺りでは買いを入れたいところだ。

【4】すないぱぁFX予想

▼本日のFX予想はコチラ▼
https://goo.gl/RGknKZ

【5】すないぱぁBO予想

▼本日のBO予想はコチラ▼
https://goo.gl/ajgPim

【6】今週の注目経済指標