2017年06月08日

日経平均株価3日ぶり小反発。4円高の19984円で大引け。外国為替市場、主要国通貨では特に円が買われやすい地合いが今後も暫く続くか。


【すないぱぁコラム】
vol.0237号 2017年06月08日発行

▼本日のFX予想はコチラ▼
https://goo.gl/RGknKZ

▼本日のBO予想はコチラ▼
https://goo.gl/ajgPim

★☆★メルマガ会員募集中★☆★

君は勝利を掴んだことがあるか!?勝利を掴みたい全ての人達へ送る究極のFX&BO必勝マニュアルが遂に完成!更に当サイトメルマガにて、すないぱぁ氏がお送りする的中率90%FX&BO予想配信中!本当に稼ぐ事が出来る情報を今すぐGET!!

▼メルマガ登録はコチラから▼
https://goo.gl/M8DH3o

【1】前回獲得pips&予想収益

~06/07(水)~

推奨トレード(1) 【0】pips
推奨トレード(2) 【15】pips
レンジ取引 【30】pips
推奨&レンジ合計 【45】pips

▼すないぱぁFX予想実績▼
https://goo.gl/klyyfC

▼収益シミュレーション【国内口座】▼
収益【61,367】円
※1ドル=109円換算として
※元金50万円、レバレッジ最大25倍として

収益【122,734】円
※1ドル=109円換算として
※元金100万円、レバレッジ最大25倍として

収益【613,670】円
※1ドル=109円換算として
※元金500万円、レバレッジ最大25倍として

▼収益シミュレーション【海外口座】▼
収益【435,564】円
※1ドル=109円換算として
※元金10万円、レバレッジ最大888倍として

収益【2,177,820】円
※1ドル=109円換算として
※元金50万円、レバレッジ最大888倍として

収益【4,355,640】円
※1ドル=109円換算として
※元金100万円、レバレッジ最大888倍として

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
本気で稼ぐなら海外口座がオススメです!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

海外口座なら国内口座のおよそ35倍のレバレッジまで可能!
これならたった10万円の元金でも一発逆転が狙えます!

▼詳しくはコチラから▼
https://goo.gl/6xADcO

【2】本日の外国為替動向

▼主要通貨パワーバランス▼
↑(強い)/→(中立)/↓(弱い)
ユーロ…【↓】
米ドル…【→】
日本円…【↑】

外国為替市場では、本日(8日)の3つのビックイベントを前に昨日は小動きで推移した。つまり相場が動き始めるのは、本日からということになる。3つのイベントと私は言っているのは次のイベントを指している。イギリスの総選挙、コミー前FBI長官の議会証言、そして欧州中央銀行(ECB)理事会だ。まずイギリスの総選挙は、世論調査が全くあてにならないことは去年のブレグジットで証明されている。その為、蓋を開けてみなければわからない状態なのであまり深く考えない。そして次のコミー氏の証言も、本人のみぞ知るところが多く今のところ全く読めない状況だ。では、今相場を予想するとしたら最後のECB理事会での考え方がどうなるかということに尽きるだろう。現状では、ドラギ総裁が急な政策転換を行う可能性は低いと見ている。つまり、今までのフォワードガイダンスを維持する方向でいくだろうということ。このフォワードガイダンスは他でもない、所謂【現状の債券購入プログラムをしている状況の下では金融引き締めは行わない】と改めての確認の発言をするだろうということだ。結果としてユーロの緩和状態は継続されて、投資家心理としてはユーロ安に動きやすくなると分析している。では、ドルが買われるという流れになるのか?それはノーだと言うのが私のスタンスだ。理由は、先日の雇用統計の結果からもわかるように物価上昇率が鈍いことと、米国の長期金利金利が下落傾向にあるからだ。その為、主要国通貨では特に円が買われやすい地合いは今後も暫く続くと見る。円が強含むだろうという根拠はそれだけに留まらない。今は、米国を始めとした政治リスク、他にも地政学リスクが高まっている状態であり、ドルが売られその逆張り指標でもある金(ゴールド)が買われている。金ドル相場は正に1300ドルを超えようという勢いだ。実物資産への逃避、つまり有事の金買いがチャート上でも窺える。この状況が続く以上、為替相場では円が最も強くなる所謂有事の円買いが続くという考え方を私はとっている。

【3】本日の株式市場動向

▼本日の推奨銘柄▼
銘柄コード【4063】
銘柄名【信越化学工業】

日経平均株価は3日ぶりに漸く小反発となったが、4円高の19984円で大引けとなり、引けベースで2万円に乗せることはできなかった。これからも当面は為替での円高傾向は続くと考えているが、一旦調整段階に入ったことと、日銀のETF買いで株価が底堅く推移したという状況だ。ただ、為替動向でも記述したように実際には本日の注目イベントが控えている為、積極的な取引ができなかったということが大きく反発できなかった最たる要因だろう。イベントの結果を読むことは難しいので、こういう状況の下でも確実に利益を上げていくためには、間違いなく割安状態にある銘柄を選択するというスタンスが最も有効的な戦略だと私は考えている。その観点から今回の買い推奨銘柄は、銘柄コード4063の信越化学工業を挙げた。塩化ビニル樹脂と半導体ウエハーで世界首位の企業であり、業績自体も非常に好調だ。このところチャート上でも上昇トレンドが継続していた。しかし昨日は大きく調整が入り一旦10185円の125円安で引けている。6月6日にはザラバベースで10360円を付けており、1万円を大きく割り込む可能性は低く、調整後は更なる高値をトライしていくものと予想している。

【4】すないぱぁFX予想

▼本日のFX予想はコチラ▼
https://goo.gl/RGknKZ

【5】すないぱぁBO予想

▼本日のBO予想はコチラ▼
https://goo.gl/ajgPim

【6】今週の注目経済指標

経済指標


LINE@始めました!どんな質問やご要望にもLINE上でお答えいたします。