2017年06月10日

日経平均株価2万円台へ突入、104円高の20013円で大引け。外国為替市場、翌週月曜からは若干米ドルが買い戻される地合いとなるか。


【すないぱぁコラム】
vol.0239号 2017年06月10日発行

▼来週月曜のFX予想はコチラ▼
https://goo.gl/RGknKZ

▼来週月曜のBO予想はコチラ▼
https://goo.gl/ajgPim

★☆★メルマガ会員募集中★☆★

君は勝利を掴んだことがあるか!?勝利を掴みたい全ての人達へ送る究極のFX&BO必勝マニュアルが遂に完成!更に当サイトメルマガにて、すないぱぁ氏がお送りする的中率90%FX&BO予想配信中!本当に稼ぐ事が出来る情報を今すぐGET!!

▼メルマガ登録はコチラから▼
https://goo.gl/M8DH3o

【1】前回獲得pips&予想収益

~06/09(金)~

推奨トレード(1) 【0】pips
推奨トレード(2) 【30】pips
レンジ取引 【0】pips
推奨&レンジ合計 【30】pips

▼すないぱぁFX予想実績▼
https://goo.gl/klyyfC

▼収益シミュレーション【国内口座】▼
収益【41,250】円
※1ドル=110円換算として
※元金50万円、レバレッジ最大25倍として

収益【82,500】円
※1ドル=110円換算として
※元金100万円、レバレッジ最大25倍として

収益【412,500】円
※1ドル=110円換算として
※元金500万円、レバレッジ最大25倍として

▼収益シミュレーション【海外口座】▼
収益【293,040】円
※1ドル=110円換算として
※元金10万円、レバレッジ最大888倍として

収益【1,465,200】円
※1ドル=110円換算として
※元金50万円、レバレッジ最大888倍として

収益【2,930,400】円
※1ドル=110円換算として
※元金100万円、レバレッジ最大888倍として

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
本気で稼ぐなら海外口座がオススメです!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

海外口座なら国内口座のおよそ35倍のレバレッジまで可能!
これならたった10万円の元金でも一発逆転が狙えます!

▼詳しくはコチラから▼
https://goo.gl/6xADcO

【2】今週合計獲得pips&予想収益

【5営業日】
~06/05(月)~06/09(金)~
合計【120】pips

▼収益シミュレーション【国内口座】▼
収益【165,000】円
※1ドル=110円換算として
※元金50万円、レバレッジ最大25倍として

収益【330,000】円
※1ドル=110円換算として
※元金100万円、レバレッジ最大25倍として

収益【1,650,000】円
※1ドル=110円換算として
※元金500万円、レバレッジ最大25倍として

▼収益シミュレーション【海外口座】▼
収益【1,172,160】円
※1ドル=110円換算として
※元金10万円、レバレッジ最大888倍として

収益【5,860,800】円
※1ドル=110円換算として
※元金50万円、レバレッジ最大888倍として

収益【11,721,600】円
※1ドル=110円換算として
※元金100万円、レバレッジ最大888倍として

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
本気で稼ぐなら海外口座がオススメです!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

海外口座なら国内口座のおよそ35倍のレバレッジまで可能!
これならたった10万円の元金でも一発逆転が狙えます!

▼詳しくはコチラから▼
https://goo.gl/6xADcO

【3】来週の外国為替動向

▼主要通貨パワーバランス▼
↑(強い)/→(中立)/↓(弱い)
ユーロ…【→】
米ドル…【↑】
日本円…【→】

外国為替市場ではFOMC(連邦公開市場委員会)が来週に控えていることもあり、週末金曜日は取引が薄い状態となった。また、イギリス総選挙の結果はこれまた世論調査とは乖離した結果となり、与党保守党が大幅に過半数を割れてしまった。ただ、去年のブレグジットショックを経験しているだけに、そこまでのインパクトはなく相場への動きは限定的となった。では、もう一つの重要イベントであったコミー前FBI長官の議会証言はどうか?これを受けて大統領の弾劾のことを述べる者たちがいるが、それはあまりにも時期尚早であると思う。何故なら、現在米国議会は与党共和党が大多数を占めており非常に安定している。与党内から多数の造反者が出ない限り弾劾ということは考えられないし、造反が出るほどの決定打は全くなかったといってもよいだろう。またそもそも論となるが、今までのアメリカ大統領の中では支持率が低いものの、今だに40%を切った程度でそこから底なしに下落傾向になっているわけではない。実は与党共和党内でのトランプ政権支持率は8割を超えており、世論でもブルーカラー層を中心に根強いトランプ支持者は多くいる。結論を言えばトランプ大統領が2期8年の間、大統領の座に君臨できるかといえば甚だ疑問ではあるものの短命に終わる可能性は意外に低く、やりたい政策は粛々とこなしていくのではないかと個人的には考えている。政権が極端に短命でないだろうという根拠はもう一つあり、ウォーターゲート事件のときは決定的な証拠である大統領執務室でのテープが残っていた。それにも関わらず、調査結果が出るまでは2年以上の時を経ていることからも司法当局が結論を出すまでの期間が如何に長いか容易に想像がつくだろう。以上のことからも、逆に米国政治への安心感すら出てきて、月曜日からは若干米ドルが買い戻される地合いになると私は見ている。

【4】来週の株式市場動向

▼本日の推奨銘柄▼
銘柄コード【3664】
銘柄名【モブキャスト】

日経平均株価は再び2万円台の世界に戻ってきた!104円高の20013円での大引け。一番の要因は、最も為替や株式に影響が大きいアメリカ政治への不透明感が少し安心感へと変わったことだろう。つまり、ロシアゲートを巡り決定的な証拠発言がでなかったことで円安ドル高が進行し、結果として株価には好材料となったということだ。ただ、後場になりイギリスの総選挙での与党過半数割れについての報道により、チャート上では若干頭を抑えられる状況となった。また、日本国内のトピックとしては注目材料が2つあった。1つは、日銀が発表した5月のマネーストック速報によると、企業や個人が持っている現金や預金の合計額は前月比3.4%増加の1297兆6千億円と過去最高を記録した。今後も金融緩和は継続していくだろうから、株価は上昇の余地がまだまだあると見てよいだろう。もう一つは、日本政府が5度目の成長戦略を閣議決定したことだ。新しい政策があまりないと言われているが、雇用創出や観光事業では確実に成果が上がってきている。また、消費税増税の文言は削除されたことからも、経済成長重視の感が窺える。政府はIT技術分野にも力を入れており、この辺りのセクターの成長は今後も期待できそうだ。今回の買い推奨銘柄は、銘柄コード3664のモブキャスト。野球やサッカーなどのスポーツに特化したソーシャルゲームを取り扱う企業だ。最近では、特に中国市場での売り上げが伸びていることから株価も上昇傾向となっている。チャートも非常に強い形をとっており、1200円程度が買いのタイミングとなるだろう。

【5】すないぱぁFX予想

▼来週月曜のFX予想はコチラ▼
https://goo.gl/RGknKZ

【6】すないぱぁBO予想

▼来週月曜のBO予想はコチラ▼
https://goo.gl/ajgPim

【7】来週の注目経済指標