2016年05月19日

【時間までピタリッ予言的中】


俺が前回発信したユーロドル相場に関する内容はこれだ↓↓

「この週の最大の稼ぎ時は木曜以降だ。木曜日、日本時間の朝3時に発表されるFOMCの結果次第では新たなトレンドが形成されると考えている。」

よし、ここで現実を見よ!
ユーロドル5月19日(木曜日)朝3時時点の30分チャートを!

今まで小動きの境地に達していた状態が一気に壊れ、大ブレイク!
それまでの時間は、1.1285~1.1270あたりの凡そ15ピプス前後で推移していた状態であったが、
たった朝3時~3時半迄の30分内だけを見ても、
1.1285~1.1222まで60ピプス超の大幅下落。

更にそれだけに留まらず、その後も連続してローソク足は、
30分足ベースでも陰線が続いている。
これを前提に今週後半の予想をしよう。

一番の稼ぎは正に19日の明け方の時間であったが、
その後もチャンスは山のようにあるぞ!

現在大幅下落中のユーロドルではあるが、
日本時間の19日の15時くらいまでは調整段階で推移するはずだ。

つまり、一気に下落しすぎた反動で戻りが発生する可能性がある。
つまり、狙いはこれだ!

15時時点での価格で戻り売りを狙うということだ。

短期限定での話だが、この相場はオーバーシュートされているとは考えていない。
—————————————————————–
【これで稼げ!2016年5月19日すないぱぁFX予報】
—————————————————————–
通貨ペア:ユーロドル
動き:下落
狙い:19日15時時点での戻り売り
エントリー:1.1250(売り)←ここまで戻らない場合でも売り戦略
利食い:トレールにて、利益拡大
損切り:1.1260(エントリー時点が変わっても、このラインで損切りはすべし)

【注目の他通貨はコレだ!】
※今回はドル円だ
直近、5月3日の105円55銭を底に円安方向に転じている。
これが、19日のFOMCの結果を受けて更に円安に拍車がかかっている。
111円90銭のレジスタンスラインを超えるかに注目。
ここを超えた場合、更なる上昇を考えている。


LINE@始めました!どんな質問やご要望にもLINE上でお答えいたします。