2016年07月21日

【通貨ペア:ユーロドル】7月21日は、これで稼げっっっ!!!


【すないぱぁコラム】
vol.0033号 2016年07月21日発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━
投資の世界で『億』を動かしていた男、『すないぱぁ』

魑魅魍魎が住まう投資の世界において、

信じるはただ己の『頭脳』のみ。

一度計ればその知略、まさに神算鬼謀。

答えの見えないこの世界の道標となるべく、

我等が『すないぱぁ』ここに見参!

▼本日のすないぱぁFX予想はコチラ▼

【推奨トレード1】
通貨ペア:ユーロドル
エントリー:1.1085(買い)
利食い:1.1130(45ピプス)
損切り:1.1040(45ピプス)

【推奨トレード2】
通貨ペア:ユーロドル
エントリー:1.0980(売り)
利食い:1.0950(30ピプス)
損切り:1.1010(30ピプス)

【推奨トレード3】(レンジ取引)
通貨ペア:ユーロドル
レジスタンスライン:1.1070(売り)
サポートライン :1.0990(買い)
※利食い/損切りラインはそれぞれ20ピプス

~目次
┏……………………………………………┓
【1】前回予想獲得ピプス&収益
【2】本日の戦略~FX~
【3】本日の変動幅レベル
【4】すないぱぁFX予想
【5】本日の推奨銘柄~株式トレード~
【6】今週の注目経済指標
【7】日経平均株価&FOMC政策動向
┗……………………………………………┛

┏━┓
┃1┃前回予想獲得ピプス&収益
┗━┻━━━━━━━━━━━━
推奨トレード【1】-pips
推奨トレード【2】-pips
推奨トレード【3】20pips
合計【20】pips

▼収益シミュレーション【国内口座】▼
収益【53,597】円
※1ドル=107円換算として
※元金100万円、レバレッジ最大25倍として

収益【214,386】円
※1ドル=107円換算として
※元金500万円、レバレッジ最大25倍として

収益【482,377】円
※1ドル=107円換算として
※元金900万円、レバレッジ最大25倍として

▼収益シミュレーション【海外口座】▼
収益【190,378】円
※1ドル=107円換算として
※元金10万円、レバレッジ最大888倍として

収益【1,903,783】円
※1ドル=107円換算として
※元金100万円、レバレッジ最大888倍として

┏━┓
┃2┃本日の戦略~FX~
┗━┻━━━━━━━━
昨日の相場は、私の予想したレンジ内でほぼ収まっていたと言えるだろう。中でも、15時半以降16時台にかけて下押し圧力が強まるも、1.0979を底にその後急反転をした。私が予想したサポートラインは1.0975であるからその差僅か4ピプスだ。

その後、上がり調子で23時過ぎに1.1027を付ける。何と52ピプスも上昇したのだ。裁量でトレードした方は、推奨獲得ピプスである20ピプスの倍で40ピプス程度は獲得できたはずだ。

そして遂に来た!重要指標発表ラッシュの日!!

本日は、非常にトレードし甲斐のある一日となるだろう。多くのトレーダーたちは、ECBの政策金利の結果で相場が動くと考えているかもしれない。でも、今日はその後に21時半と23時にはアメリカの重要指標が目白押し。その結果如何では、相場はすぐに状況が変わっていくと考えている。

特に相場に影響を貰らすと思っている注目指標は2つ。

一つは、21時半発表予定の7月分のフィラデルフィア連銀景況指数であり、もう一つは23時発表予定の6月分の中古住宅販売件数だ。特に、アメリカでは日本と違って新築より中古住宅がメイン市場となっている為、この数字には注意すべきだ。

日中の内はレンジ狙い、夕方以降夜にかけては各ラインを超えたところから勝負をかけろ!

┏━┓
┃3┃本日の変動幅レベル
┗━┻━━━━━━━━━
本日の変動幅レベルは…星…4つ!

  ┏┓     鬼チャンスです!
┏┛┗━━━┓『★★★★☆』
┛ ┏━┳━┛  
  ┣━┫     
┓ ┣━┫
┗━┗━┛

~変動幅レベル参考~
★★★★★…超チャンス![300ピプス超/月間1~2回]
★★★★☆…鬼チャンス![200ピプス超/月間2~3回]
★★★☆☆…激チャンス![100ピプス超/月間7~8回]
★★☆☆☆…大チャンス![50ピプス超/月間8~9回]
★☆☆☆☆…小動き[50ピプス以下/月間1~2回]

┏━┓
┃4┃すないぱぁFX予想
┗━┻━━━━━━━━
【推奨トレード1】
通貨ペア:ユーロドル
エントリー:1.1085(買い)
利食い:1.1130(45ピプス)
損切り:1.1040(45ピプス)

【推奨トレード2】
通貨ペア:ユーロドル
エントリー:1.0980(売り)
利食い:1.0950(30ピプス)
損切り:1.1010(30ピプス)

【推奨トレード3】(レンジ取引)
通貨ペア:ユーロドル
レジスタンスライン:1.1070(売り)
サポートライン :1.0990(買い)
※利食い/損切りラインはそれぞれ20ピプス

┏━┓
┃5┃本日の推奨銘柄~株式トレード~
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━
銘柄コード:【1815】
銘柄名: 【鉄建建設】
大引け: 344円
前日比: +13
変動率: (+3.93%)

日経平均は7営業日ぶりの下落となる。でも、考えてみて欲しい。その下落金額だが、たったの41円だぞ!みんなは、6営業日連騰の合計上昇金額は?!っと聞かれてすぐに答えられるだろうか?何とその金額は【1616円】であり、日経平均に対して10%以上の驚異的な上昇をしたのだ。その為、利益確定売りが出ることを考えれば、昨日は下がって当たり前のレベル。

というよりも俺からしてみたら、こんな小幅安で良かったのって感じだ。そう、小幅安で留まったのには理由がある。それは、7月28日と29日に行われる予定の日銀金融政策決定会合での金融緩和期待だ。

ただ実際には日銀の取る手段は限られていて、マイナス金利を0.1%から0.2%にするかどうかという議論の他には、リートやETFを買い増す程度しかモハヤ持ち駒が無い。

結局のところ、市場が期待している以上の結論は出てこないと考えている。結果として、会合後の円高株安を警戒するべきだろう。その為、買いを入れるなら会合前までで勝負を付けることをお奨めする。

円高になることを考慮しても、また補正予算の編成方針を考えても建設業と不動産業のような内需関連株は暫く強含むだろう。

その中でも、注目銘柄は鉄建建設だ。チャートの形を見ると、完全にレジスタンスラインを超えて上昇トレンドに入ったと考えている。一直線に上昇するのではなく、必ず一息付く場面があるので、そこを逃さず押し目買いで行け!

┏━┓
┃6┃今週の注目経済指標
┗━┻━━━━━━━━━━
7/18(月)23:00 重要度★ USD(米) 7月 NAHB住宅市場指数【前回60】【予想60】【結果59】
7/18(月)29:00 重要度★ USD(米) 5月 対米証券投資(短期債除く)【前回-796億ドル】【予想 – 】【結果411億ドル】
7/19(火)18:00 重要度★ EUR(欧) 7月 ZEW景況感調査【前回20.2】【予想 – 】【結果-14.7】
7/19(火)18:00 重要度★ EUR(欧) 5月 建設支出 [前月比]【前回-0.2%】【予想 – 】【結果-0.5%】
7/19(火)18:00 重要度★ EUR(欧) 5月 建設支出 [前年同月比]【前回-0.4%】【予想 – 】【結果-0.8%】
7/19(火)21:30 重要度★ USD(米) 6月 住宅着工件数 [年率換算件数]【前回116.4万件】【予想116.5万件】【結果118.9万件】
7/19(火)21:30 重要度★ USD(米) 6月 住宅着工件数 [前月比]【前回-0.3%】【予想0.1%】【結果4.8%】
7/19(火)21:30 重要度★ USD(米) 6月 建設許可件数 [年率換算件数]【前回113.8万件】【予想115.0万件】【結果115.3万件】
7/19(火)21:30 重要度★ USD(米) 6月 建設許可件数 [前月比]【前回0.7%(0.5%)】【予想1.2%】【結果4.8%】
7/20(水)17:00 重要度★ EUR(欧) 5月 経常収支【前回362億ユーロ】【予想 – 】【結果308億ユーロ】
7/20(水)20:00 重要度★ USD(米) MBA住宅ローン申請指数 [前週比]【前回7.2%】【予想7.2%】【結果-1.3%】
7/20(水)23:00 重要度★ EUR(欧) 7月 消費者信頼感(速報値)【前回-7.3】【予想-8.0】【結果 – 】
7/21(木)13:30 重要度★ JPY(日) 5月 全産業活動指数 [前月比]【前回1.3%】【予想-1.1%】【結果 – 】
7/21(木)20:45 重要度★★★ EUR(欧) 欧州中央銀行(ECB)政策金利【前回0.00%】【予想0.00%】【結果 – 】
7/21(木)21:30 重要度★★ EUR(欧) ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、定例記者会見【前回 – 】【予想 – 】【結果 – 】
7/21(木)21:30 重要度★ USD(米) 前週分 新規失業保険申請件数【前回25.4万件】【予想26.4万件】【結果 – 】
7/21(木)21:30 重要度★ USD(米) 7月 フィラデルフィア連銀製造業景気指数【前回4.7】【予想4.8】【結果 – 】
7/21(木)22:00 重要度★ USD(米) 5月 住宅価格指数 [前月比]【前回0.2%】【予想0.4%】【結果 – 】
7/21(木)23:00 重要度★ USD(米) 6月 中古住宅販売件数 [年率換算件数]【前回553万件】【予想547万件】【結果 – 】
7/21(木)23:00 重要度★ USD(米) 6月 中古住宅販売件数 [前月比]【前回1.8%】【予想-1.1%】【結果 – 】
7/21(木)23:00 重要度★ USD(米) 6月 景気先行指標総合指数 [前月比]【前回-0.2%】【予想0.2%】【結果 – 】
7/22(金)08:50 重要度★ JPY(日) 前週分 対外対内証券売買契約等の状況(対外中長期債)【前回2兆5491億円】【予想 – 】【結果 – 】
7/22(金)08:50 重要度★ JPY(日) 前週分 対外対内証券売買契約等の状況(対内株式)【前回-3068億円】【予想 – 】【結果 – 】
7/22(金)17:00 重要度★ EUR(欧) 7月 製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)【前回52.8】【予想52.0】【結果 – 】
7/22(金)17:00 重要度★ EUR(欧) 7月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)【前回52.8】【予想52.3】【結果 – 】

┏━┓
┃7┃日経平均株価&FOMC政策動向
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━
日経平均株価(円) 16,681.89 前日比-41.42
東証一部売買高 186,441万株
東証一部売買代金 2,719,909百万円

FOMC開催日【6月14・15日】【次回7月26・27日】
F・Fレート【0.25~0.50%】
公定歩合【1.00%】

▼政策内容・判断材料▼
・経済活動は加速した可能性
・経済は引き続き緩やかな利上げのみを正当化
・労働市場指数は強まると予想
・失業率は低下したが、雇用の伸びは鈍化
・消費は強まった
・輸出の抑制は緩和
・企業の設備投資は依然弱い
・調査ベースのインフレ期待は変わらず
・原油、輸入価格の影響が後退し、インフレは2%へ上昇へ
・インフレ、世界経済や金融の展開を綿密に監視へ
・全会一致で金利据え置きを決定


LINE@始めました!どんな質問やご要望にもLINE上でお答えいたします。