2016年07月22日

【通貨ペア:ユーロドル】7月22日は、これで稼げっっっ!!!


【すないぱぁコラム】
vol.0034号 2016年07月22日発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━
投資の世界で『億』を動かしていた男、『すないぱぁ』

魑魅魍魎が住まう投資の世界において、

信じるはただ己の『頭脳』のみ。

一度計ればその知略、まさに神算鬼謀。

答えの見えないこの世界の道標となるべく、

我等が『すないぱぁ』ここに見参!

☆━┳━┳━┳━┳━┓
┃本┃日┃の┃予┃想┃
┗━┻━┻━┻━┻━☆
【推奨トレード1】
通貨ペア:ユーロドル
エントリー:1.1080(買い)
利食い:1.1100(20ピプス)
損切り:1.1060(20ピプス)

【推奨トレード2】
通貨ペア:ユーロドル
エントリー:1.0980(売り)
利食い:1.0960(20ピプス)
損切り:1.1000(20ピプス)

【推奨トレード3】(レンジ取引)
通貨ペア:ユーロドル
レジスタンスライン:1.1040(売り)
サポートライン :1.0990(買い)
※利食い/損切りラインはそれぞれ20ピプス

~目次
┏……………………………………………┓
【1】前回予想獲得ピプス&収益
【2】本日の戦略~FX~
【3】本日の変動幅レベル
【4】すないぱぁFX予想
【5】本日の推奨銘柄~株式トレード~
【6】今週の注目経済指標
【7】日経平均株価&FOMC政策動向
┗……………………………………………┛

┏━┓
┃1┃前回予想獲得ピプス&収益
┗━┻━━━━━━━━━━━━
推奨トレード【1】 -pips
推奨トレード【2】   -pips
推奨トレード【3】▲20pips
合計【▲20】pips

┏━┓
┃2┃本日の戦略~FX~
┗━┻━━━━━━━━
おはよう。昨日は残念ながら負けてしまった。みんな申し訳ない。原因は、下落トレンド開始地点の読みが甘かったという点だ。23時半のアメリカ重要指標発表後に、下落トレンドが開始したかに見えたが、それが騙しであり1.0979を付けたところで反転してしまった。

私は、一気に1.0980まで来たら下落トレンドが始まると考えていたが、指標直後の乱高下に僅か1ピプス引っかかってしまった。もし裁量でトレードしている方なら、反転を読むこともできただろうから、マイナス幅は20ピプスの半分の10ピプス程度に抑えることも出来たと思う。

何れにしても私の予想は当たることが多いが、今回のように外してしまうこともある。今後は、より精度の向上に努める次第だ。また、トレードをしていれば必ず負けるときはやって来る。考え方としては1週間を通して、若しくは1か月を通してトータルでプラスを出せていることが重要なのだ。

自分が考えている方向と違った場合は、必ず素早く損切りをすることが大切だ。損切りをして、また新たな気持ちで次のポジションをとっていき、そこでプラスにしていけばよいのだ。さて、本日は特段重要な指標は無いが、週末ということでボラティリティが大きくなる可能性が高い。

日付が変わる時間前までが勝負だ。日付が変わってからは、徐々にと値動きが少なくなっていくので早めの決済をお奨めする。

┏━┓
┃3┃本日の変動幅レベル
┗━┻━━━━━━━━━
本日の変動幅レベルは…星…3つ!

  ┏┓     激チャンスです!
┏┛┗━━━┓『★★★☆☆』
┛ ┏━┳━┛  
  ┣━┫     
┓ ┣━┫
┗━┗━┛

~変動幅レベル参考~
★★★★★…超チャンス![300ピプス超/月間1~2回]
★★★★☆…鬼チャンス![200ピプス超/月間2~3回]
★★★☆☆…激チャンス![100ピプス超/月間7~8回]
★★☆☆☆…大チャンス![50ピプス超/月間8~9回]
★☆☆☆☆…小動き[50ピプス以下/月間1~2回]

┏━┓
┃4┃すないぱぁFX予想
┗━┻━━━━━━━━
【推奨トレード1】
通貨ペア:ユーロドル
エントリー:1.1080(買い)
利食い:1.1100(20ピプス)
損切り:1.1060(20ピプス)

【推奨トレード2】
通貨ペア:ユーロドル
エントリー:1.0980(売り)
利食い:1.0960(20ピプス)
損切り:1.1000(20ピプス)

【推奨トレード3】(レンジ取引)
通貨ペア:ユーロドル
レジスタンスライン:1.1040(売り)
サポートライン :1.0990(買い)
※利食い/損切りラインはそれぞれ20ピプス

┏━┓
┃5┃本日の推奨銘柄~株式トレード~
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━
銘柄コード:【1812】
銘柄名: 【鹿島建設】
大引け: 757円
前日比: +10
変動率: (+1.34%)
まず日経平均だが、一昨日の小幅安を完全に打ち消して早くも3桁の上昇で大引けを迎えた。ズバリ言おう。これで何が分かるかと言うと、米国経済は本当に景気が良くなっているということだ。日経平均は、アメリカ経済の影響を多分に受けている。

では、その源となる米国経済を見てみよう。ニューヨークダウや主要指数であるS&P500は全て上昇傾向となっており、最高値を毎回更新してきている。リセッションがどうの・・・とか一部のアホなアナリストはコメントしているが、私から言わせればリセッションどころか、真のアメリカ経済の回復、更には早期利上げすら視野に入れても良いのではないかと思う程だ。

そして、相場は今後このような強気のルートを辿ることになると俺は踏んでいる。では、それを踏まえて日本市場について述べてみよう。まず、ポケモン相場は既に峠を過ぎたと考えた方が良い。株式で稼ぐプロは、一般人の思考よりも1歩も2歩も先を行っている。逆を返せば、そうしなければ利益を獲ることはできないからだ。

つまり、市場でいよいよポケモンブームになってきたので株式相場はもう出がらしの状態になったということだ。今後、ポケモンのネタでの儲け余地は限られてきていると考えている。

次の注目業種は、昨日も記述した建設業だ。ここでやはり抑えておくべきは、川上に位置する大手ゼネコンだろう。日銀の金融政策決定会合の結果期待に加えて、21日には政府の大規模経済対策が打ち出された。当初の10兆円予想の何と2倍、つまり20兆ということだから、そりゃあ内需の筆頭である建設株は買いでしょ!そしてチャート分析をしたら、大成建設を購入しない手はない。

┏━┓
┃6┃今週の注目経済指標
┗━┻━━━━━━━━━━
7/18(月)23:00 重要度★ USD(米) 7月 NAHB住宅市場指数【前回60】【予想60】【結果59】
7/18(月)29:00 重要度★ USD(米) 5月 対米証券投資(短期債除く)【前回-796億ドル】【予想 – 】【結果411億ドル】
7/19(火)18:00 重要度★ EUR(欧) 7月 ZEW景況感調査【前回20.2】【予想 – 】【結果-14.7】
7/19(火)18:00 重要度★ EUR(欧) 5月 建設支出 [前月比]【前回-0.2%】【予想 – 】【結果-0.5%】
7/19(火)18:00 重要度★ EUR(欧) 5月 建設支出 [前年同月比]【前回-0.4%】【予想 – 】【結果-0.8%】
7/19(火)21:30 重要度★ USD(米) 6月 住宅着工件数 [年率換算件数]【前回116.4万件】【予想116.5万件】【結果118.9万件】
7/19(火)21:30 重要度★ USD(米) 6月 住宅着工件数 [前月比]【前回-0.3%】【予想0.1%】【結果4.8%】
7/19(火)21:30 重要度★ USD(米) 6月 建設許可件数 [年率換算件数]【前回113.8万件】【予想115.0万件】【結果115.3万件】
7/19(火)21:30 重要度★ USD(米) 6月 建設許可件数 [前月比]【前回0.7%(0.5%)】【予想1.2%】【結果4.8%】
7/20(水)17:00 重要度★ EUR(欧) 5月 経常収支【前回362億ユーロ】【予想 – 】【結果308億ユーロ】
7/20(水)20:00 重要度★ USD(米) MBA住宅ローン申請指数 [前週比]【前回7.2%】【予想7.2%】【結果-1.3%】
7/20(水)23:00 重要度★ EUR(欧) 7月 消費者信頼感(速報値)【前回-7.3】【予想-8.0】【結果-7.9】
7/21(木)13:30 重要度★ JPY(日) 5月 全産業活動指数 [前月比]【前回1.3%】【予想-1.1%】【結果-1.0%】
7/21(木)20:45 重要度★★★ EUR(欧) 欧州中央銀行(ECB)政策金利【前回0.00%】【予想0.00%】【結果0.00%】
7/21(木)21:30 重要度★★ EUR(欧) ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、定例記者会見【前回 – 】【予想 – 】【結果 – 】
7/21(木)21:30 重要度★ USD(米) 前週分 新規失業保険申請件数【前回25.4万件】【予想26.4万件】【結果 – 】
7/21(木)21:30 重要度★ USD(米) 7月 フィラデルフィア連銀製造業景気指数【前回4.7】【予想4.8】【結果 – 】
7/21(木)22:00 重要度★ USD(米) 5月 住宅価格指数 [前月比]【前回0.2%】【予想0.4%】【結果 – 】
7/21(木)23:00 重要度★ USD(米) 6月 中古住宅販売件数 [年率換算件数]【前回553万件】【予想547万件】【結果 – 】
7/21(木)23:00 重要度★ USD(米) 6月 中古住宅販売件数 [前月比]【前回1.8%】【予想-1.1%】【結果 – 】
7/21(木)23:00 重要度★ USD(米) 6月 景気先行指標総合指数 [前月比]【前回-0.2%】【予想0.2%】【結果 – 】
7/22(金)08:50 重要度★ JPY(日) 前週分 対外対内証券売買契約等の状況(対外中長期債)【前回2兆5491億円】【予想 – 】【結果 – 】
7/22(金)08:50 重要度★ JPY(日) 前週分 対外対内証券売買契約等の状況(対内株式)【前回-3068億円】【予想 – 】【結果 – 】
7/22(金)17:00 重要度★ EUR(欧) 7月 製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)【前回52.8】【予想52.0】【結果 – 】
7/22(金)17:00 重要度★ EUR(欧) 7月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)【前回52.8】【予想52.3】【結果 – 】

┏━┓
┃7┃日経平均株価&FOMC政策動向
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━
日経平均株価(円) 16,810.22 前日比+128.33
東証一部売買高 200,660万株
東証一部売買代金 2,581,000百万円

FOMC開催日【6月14・15日】【次回7月26・27日】
F・Fレート【0.25~0.50%】
公定歩合【1.00%】

▼政策内容・判断材料▼
・経済活動は加速した可能性
・経済は引き続き緩やかな利上げのみを正当化
・労働市場指数は強まると予想
・失業率は低下したが、雇用の伸びは鈍化
・消費は強まった
・輸出の抑制は緩和
・企業の設備投資は依然弱い
・調査ベースのインフレ期待は変わらず
・原油、輸入価格の影響が後退し、インフレは2%へ上昇へ
・インフレ、世界経済や金融の展開を綿密に監視へ
・全会一致で金利据え置きを決定


LINE@始めました!どんな質問やご要望にもLINE上でお答えいたします。