2016年07月28日

【通貨ペア:ユーロドル】7月28日は、これで稼げっっっ!!!


【すないぱぁコラム】
vol.0038号 2016年07月28日発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━
投資の世界で『億』を動かしていた男、『すないぱぁ』

魑魅魍魎が住まう投資の世界において、

信じるはただ己の『頭脳』のみ。

一度計ればその知略、まさに神算鬼謀。

答えの見えないこの世界の道標となるべく、

我等が『すないぱぁ』ここに見参!

☆━┳━┳━┳━┳━┓
┃本┃日┃の┃予┃想┃
┗━┻━┻━┻━┻━☆
【推奨トレード1】
通貨ペア:ユーロドル
エントリー:1.1025(買い)
利食い:1.1045(20ピプス)
損切り:1.1005(20ピプス)
※押し目買い戦略

【推奨トレード2】
通貨ペア:ユーロドル
エントリー:1.0970(売り)
利食い:1.0955(15ピプス)
損切り:1.0985(15ピプス)

【推奨トレード3】(レンジ取引)
通貨ペア:ユーロドル
レジスタンスライン:1.1150(売り)
サポートライン :1.0980(買い)
※利食い/損切りラインはそれぞれ20ピプス

~目次
┏……………………………………………┓
【1】前回予想獲得ピプス&収益
【2】本日の戦略~FX~
【3】本日の変動幅レベル
【4】すないぱぁFX予想
【5】本日の推奨銘柄~株式トレード~
【6】今週の注目経済指標
【7】日経平均株価&FOMC政策動向
┗……………………………………………┛

┏━┓
┃1┃前回予想獲得ピプス&収益
┗━┻━━━━━━━━━━━━
特別推奨トレード -pips
推奨トレード【1】17pips
推奨トレード【2】-pips
推奨トレード【3】20pips
合計【37】pips

▼収益シミュレーション【国内口座】▼
収益【97,407】円
※1ドル=105円換算として
※元金100万円、レバレッジ最大25倍として

収益【389,647】円
※1ドル=105円換算として
※元金500万円、レバレッジ最大25倍として

収益【876,797】円
※1ドル=105円換算として
※元金900万円、レバレッジ最大25倍として

▼収益シミュレーション【海外口座】▼
収益【345,907】円
※1ドル=105円換算として
※元金10万円、レバレッジ最大888倍として

収益【3,459,243】円
※1ドル=105円換算として
※元金100万円、レバレッジ最大888倍として

┏━┓
┃2┃本日の戦略~FX~
┗━┻━━━━━━━━
みんな、おはよう!私がコラムを書いている時間は現在朝の5時半だ。そう、もちろんFOMC発表後の動きを注目し、更に予想まで立てていた者としては夜中3時過ぎには起床しているので、相当の睡眠不足となっている。

ただ、そんなマイナス面は吹き飛ばすくらい目が覚める動きをしてくれていて私は嬉しい。時間が時間だっただけに、特別推奨トレードとして示していた数値には達しなかったものの、戦略としては正解だ。

まず、発表直後の朝3時台について。一旦下落したと見せかけて、1.0956を一瞬付けると、その後大きな下髭となり急反発をした。反発には非常に勢いがあった為、私がサポートラインとして予想していた1.0965のライン丁度で買いを入れることは難しかったかもしれない。

ただ、その後1.1065まで100ピプス以上うなぎ登りだったことを考えれば、トータルで上昇幅の半分程度、つまり50ピプス以上を獲得することはできたはずだ。

また、昨日の推奨トレード2で示した利食いのラインは1.1065だ。実際の相場は厳密に言うと1.10646が高値となったため、利食いには僅か0.4ピプス足りず。その為、その後戻された地点としてカウントして5時40分現在の1.1062で利食いをしたとしてプラス17ピプス獲得想定で計算している。

本日については少なくとも、次のアメリカの経済指標発表までは引き続き上昇トレンドが継続すると考えている。ただ、日本時間には押し目が入る可能性が高く、値段が下がったところが買いのポイント。また、夜の時間には高値更新の可能性が高いので、裁量でトレードすることを特にお奨めする。

┏━┓
┃3┃本日の変動幅レベル
┗━┻━━━━━━━━━
本日の変動幅レベルは…星…2つ!

┏┓     大チャンスです!
┏┛┗━━━┓『★★☆☆☆』
┛ ┏━┳━┛
┣━┫
┓ ┣━┫
┗━┗━┛

~変動幅レベル参考~
★★★★★…超チャンス![300ピプス超/月間1~2回]
★★★★☆…鬼チャンス![200ピプス超/月間2~3回]
★★★☆☆…激チャンス![100ピプス超/月間7~8回]
★★☆☆☆…大チャンス![50ピプス超/月間8~9回]
★☆☆☆☆…小動き[50ピプス以下/月間1~2回]

┏━┓
┃4┃すないぱぁFX予想
┗━┻━━━━━━━━
【推奨トレード1】
通貨ペア:ユーロドル
エントリー:1.1025(買い)
利食い:1.1045(20ピプス)
損切り:1.1005(20ピプス)
※押し目買い戦略

【推奨トレード2】
通貨ペア:ユーロドル
エントリー:1.0970(売り)
利食い:1.0955(15ピプス)
損切り:1.0985(15ピプス)

【推奨トレード3】(レンジ取引)
通貨ペア:ユーロドル
レジスタンスライン:1.1150(売り)
サポートライン :1.0980(買い)
※利食い/損切りラインはそれぞれ20ピプス

┏━┓
┃5┃本日の推奨銘柄~株式トレード~
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━
銘柄コード: 【6988】
銘柄名: 日東電工
大引け: 6,968円
前日比: +489
変動率: (+7.55%)

日経平均は281円もの反発で引けたが、これには訳があると考えている!ではまず、一般的な回答から申し上げよう。

一般回答としてのポイントは2つある。1つは、日銀の追加緩和観測が高まってきたこと。もう1つは、政府の補正予算案が拡大して28兆円規模になったということだ。この2点によって、ドル円は一時106円台に回復した。

でも考えてみ欲しい、どうして急速に追加緩和期待が高まっているのか?実に、8割以上の間抜けなアナリスト達が追加緩和予想を出している。こういうときは非常に危ない!何故なら、大概のアナリスト予想は外れることが多いからだ。

ここで、冷静に考えてみて欲しい。実は、緩和をするという根拠はどこにもない。本当のところを言えば、ただ単にファンド勢のポジション調整のネタに使っているにすぎないのだ。

つまり、最もベストなシナリオを論じているので、実際に追加緩和が行われなかったときのマイナスインパクトが大変なことになると考えている。

これらを踏まえると、日銀の発表前に全てのポジションは解消しておくことをお奨めする。そんな中、上手く押し目を拾えるチャンス銘柄は日東電工だ。

昨日は上昇したが、6650円以下の下に空いた窓がまだ埋まっていない。この窓を目安に押し目買いを入れていきたいところだ。

┏━┓
┃6┃今週の注目経済指標
┗━┻━━━━━━━━━━
7/25(月)08:50 重要度★ JPY(日) 6月 貿易統計(通関ベース)【前回-407億円(-406億円)】【予想4744億円】【結果6928億円】
7/25(月)14:00 重要度★ JPY(日) 5月 景気先行指数(CI)・改定値【前回100.0】【予想 – 】【結果99.7】
7/25(月)14:00 重要度★ JPY(日) 5月 景気一致指数(CI)・改定値【前回110.5】【予想 – 】【結果109.9】
7/26(火)未定 重要度★  USD(米) 米連邦公開市場委員会(FOMC)1日目【前回 – 】【予想 – 】【結果 – 】
7/26(火)08:50 重要度★ JPY(日) 6月 企業向けサービス価格指数 [前年同月比]【前回0.2%】【予想0.1%】【結果0.2%】
7/26(火)22:00 重要度★ USD(米) 5月 ケース・シラー米住宅価格指数【前回186.63】【予想189.50】【結果188.29】
7/26(火)22:00 重要度★ USD(米) 5月 ケース・シラー米住宅価格指数 [前年同月比]【前回5.4%】【予想5.4%】【結果5.2%】
7/26(火)23:00 重要度★ USD(米) 7月 消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)【前回98.0】【予想95.5】【結果97.3】
7/26(火)23:00 重要度★ USD(米) 7月 リッチモンド連銀製造業指数【前回-7】【予想-2】【結果10】
7/26(火)23:00 重要度★★ USD(米) 6月 新築住宅販売件数 [年率換算件数]【前回55.1万件】【予想55.8万件】【結果59.2万件】
7/26(火)23:00 重要度★★ USD(米) 6月 新築住宅販売件数 [前月比]【前回-6.0%】【予想1.3%】【結果3.5%】
7/27(水)17:00 重要度★ EUR(欧) 6月 マネーサプライM3 [前年同月比]【前回4.9%】【予想5.0%】【結果5.0%】
7/27(水)20:00 重要度★ USD(米) MBA住宅ローン申請指数 [前週比]【前回-1.3%】【予想 – 】【結果-11.2%】
7/27(水)21:30 重要度★ USD(米) 6月 耐久財受注 [前月比]【前回-2.3%】【予想-1.3%】【結果-4.0%】
7/27(水)21:30 重要度★ USD(米) 6月 耐久財受注・輸送用機器除く [前月比]【前回-0.3%】【予想0.3%】【結果-0.5%】
7/27(水)23:00 重要度★ USD(米) 6月 住宅販売保留指数 [前月比]【前回-3.7%】【予想1.8%】【結果 – 】
7/27(水)27:00 重要度★★★ USD(米) 米連邦公開市場委員会(FOMC)、終了後政策金利発表【前回0.25-0.50%】【予想0.25-0.50%】【結果 – 】
7/28(木)未定 重要度★  JPY(日) 日銀・金融政策決定会合(1日目)【前回 – 】【予想 – 】【結果 – 】
7/28(木)08:50 重要度★ JPY(日) 前週分 対外対内証券売買契約等の状況(対外中長期債)【前回1兆7181億円】【予想 – 】【結果 – 】
7/28(木)08:50 重要度★ JPY(日) 前週分 対外対内証券売買契約等の状況(対内株式)【前回4446億円】【予想 – 】【結果 – 】
7/28(木)08:50 重要度★ USD(米) 前週分 新規失業保険申請件数【前回25.3万件】【予想26.4万件】【結果 – 】
7/29(金)未定 重要度★★ JPY(日) 日銀金融政策決定会合、年間マネタリーベース増加目標【前回80兆円】【予想26.4万件】【結果 – 】
7/29(金)未定 重要度★★ JPY(日) 日銀金融政策決定会合、終了後政策金利発表【前回-0.10%】【予想26.4万件】【結果 – 】
7/29(金)08:30 重要度★ JPY(日) 6月 全世帯家計調査・消費支出 [前年同月比]【前回-1.1%】【予想-0.5%】【結果 – 】
7/29(金)08:30 重要度★ JPY(日) 6月 失業率【前回3.2%】【予想3.2%】【結果 – 】
7/29(金)08:30 重要度★ JPY(日) 6月 有効求人倍率【前回1.36】【予想1.37】【結果 – 】
7/29(金)08:30 重要度★★ JPY(日) 6月 全国消費者物価指数(CPI) [前年同月比]【前回-0.4%】【予想-0.4%】【結果 – 】
7/29(金)08:30 重要度★★ JPY(日) 6月 全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品除く) [前年同月比]【前回-0.4%】【予想-0.4%】【結果 – 】
7/29(金)08:30 重要度★ JPY(日) 7月 東京都区部消費者物価指数(CPI、生鮮食料品除く) [前年同月比]【前回-0.5%】【予想-0.4%】【結果 – 】
7/29(金)08:50 重要度★ JPY(日) 6月 小売業販売額 [前年同月比]【前回-1.9%(-2.1%)】【予想-1.3%】【結果 – 】
7/29(金)08:50 重要度★ JPY(日) 6月 百貨店・スーパー販売額(既存店) [前年同月比]【前回-2.2%】【予想-1.1%】【結果 – 】
7/29(金)08:50 重要度★ JPY(日) 6月 鉱工業生産・速報値 [前月比]【前回-2.6%】【予想0.5%】【結果 – 】
7/29(金)14:00 重要度★ JPY(日) 6月 新設住宅着工戸数 [前年同月比]【前回9.8%】【予想-2.9%】【結果 – 】
7/29(金)15:30 重要度★★ JPY(日) 黒田東彦日銀総裁、定例記者会見【前回 – 】【予想 – 】【結果 – 】
7/29(金)18:00 重要度★ EUR(欧) 6月 失業率【前回10.1%】【予想10.1%】【結果 – 】
7/29(金)18:00 重要度★★ EUR(欧) 7月 消費者物価指数(HICP、速報値) [前年同月比]【前回0.1%】【予想0.1%】【結果 – 】
7/29(金)18:00 重要度★★ EUR(欧) 4-6月期 四半期域内総生産(GDP、速報値) [前期比]【前回0.6%】【予想0.3%】【結果 – 】
7/29(金)18:00 重要度★★ EUR(欧) 4-6月期 四半期域内総生産(GDP、速報値) [前年同期比]【前回1.7%】【予想1.5%】【結果 – 】
7/29(金)21:30 重要度★★★ USD(米) 4-6月期 四半期実質国内総生産(GDP、速報値) [前期比年率]【前回1.1%】【予想2.6%】【結果 – 】
7/29(金)22:45 重要度★ USD(米) 7月 シカゴ購買部協会景気指数【前回56.8】【予想54.2】【結果 – 】
7/29(金)23:00 重要度★ USD(米) 7月 ミシガン大学消費者態度指数・確報値【前回89.5】【予想90.1】【結果 – 】

┏━┓
┃7┃日経平均株価&FOMC政策動向
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━
日経平均株価(円) 16,664.82 前日比+281.78
東証一部売買高 223,908万株
東証一部売買代金 2,534,311百万円

FOMC開催日【6月14・15日】【次回7月26・27日】
F・Fレート【0.25~0.50%】
公定歩合【1.00%】

▼政策内容・判断材料▼
・経済活動は加速した可能性
・経済は引き続き緩やかな利上げのみを正当化
・労働市場指数は強まると予想
・失業率は低下したが、雇用の伸びは鈍化
・消費は強まった
・輸出の抑制は緩和
・企業の設備投資は依然弱い
・調査ベースのインフレ期待は変わらず
・原油、輸入価格の影響が後退し、インフレは2%へ上昇へ
・インフレ、世界経済や金融の展開を綿密に監視へ
・全会一致で金利据え置きを決定