2016年08月06日

大相場はメンタルに注意して勝負、来週月曜は小幅展開が予想される。


【すないぱぁコラム】
vol.0043号 2016年08月06日発行
━━━━━━━━━━━━━━━
~目次
┏……………………………………………┓
【1】前回予想獲得pips&予想収益
【2】今週合計予想獲得pips&予想収益
【3】振り返りと来週月曜からの戦略
【4】すないぱぁFX予想
【5】来週の注目経済指標
┗……………………………………………┛

┏━┓
┃1┃前回予想獲得pips&予想収益
┗━┻━━━━━━━━━━━━━
~08/05(金)~
推奨トレード(1)【3】pips
推奨トレード(2)【34】pips
レンジ取引【0】pips
合計【37】pips

▼収益シミュレーション【国内口座】▼
収益【94,184】円
※1ドル=101円換算として(現レート)
※元金100万円、レバレッジ最大25倍として

収益【376,737】円
※1ドル=101円換算として(現レート)
※元金500万円、レバレッジ最大25倍として

収益【847,659】円
※1ドル=101円換算として(現レート)
※元金900万円、レバレッジ最大25倍として

▼収益シミュレーション【海外口座】▼
収益【334,543】円
※1ドル=101円換算として(現レート)
※元金10万円、レバレッジ最大888倍として

収益【3,345,430】円
※1ドル=101円換算として(現レート)
※元金100万円、レバレッジ最大888倍として

┏━┓
┃2┃今週合計予想獲得pips&予想収益
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━
【3営業日】
~08/01(月)~08/05(金)~
合計【97】pips

▼収益シミュレーション【国内口座】▼
収益【246,915】円
※1ドル=101円換算として(現レート)
※元金100万円、レバレッジ最大25倍として

収益【987,663】円
※1ドル=101円換算として(現レート)
※元金500万円、レバレッジ最大25倍として

収益【2,222,243】円
※1ドル=101円換算として(現レート)
※元金900万円、レバレッジ最大25倍として

▼収益シミュレーション【海外口座】▼
収益【877,045】円
※1ドル=101円換算として(現レート)
※元金10万円、レバレッジ最大888倍として

収益【8,770,453】円
※1ドル=101円換算として(現レート)
※元金100万円、レバレッジ最大888倍として

┏━┓
┃3┃振り返りと来週月曜からの戦略
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━
5日の米雇用統計では、今回も大相場となった。イギリスEU離脱決定後の、経済活動を反映した初の発表であったので、いつも以上に市場へのインパクトが強かった印象だ。

指標結果としては、事前予想より多少悪くても致し方ないと思っていたが、蓋を開けてみると事前予想の18万人増に対して、結果は何と25万5千人増であった。

この結果を受ければ、ユーロドル相場が大幅に下落するのも当然の流れだとすぐに頷ける。

正直言って最高に稼げるシナリオは、雇用統計数値が大幅に悪化するケースだった。理由としては、チャート上では下落よりも上昇ケースの方がパワー自体は強い形となっているからだ。そうはいっても、今回は下落もそれなりの力強さを見せた。

さぁ、ここから私の予想を振り返ってみよう。

振返りに当たり、この大相場の機会に、トレードで明暗を分ける重要注意事項の2点を改めて伝えておくことにする。

それは、赤文字指標と言われる重要な経済指標を跨いでポジションを持ち続けないということ。

もう一つは、このような指標発表直後には、スプレッドが拡大し不利な約定を強いられる可能性が高いこと、また騙し相場となり易いことからエントリーはしないことだ。

つまり、赤文字指標の10分前までにはポジションを決済しておくことと、発表後のエントリーは10分後以降を目安に行うということを強く推奨する。

万一この2点が守れないとなると、せっかく私の予想が当たっているにも関わらず、利益が出せないばかりかマイナスにしてしまう恐れがあるので非常に注意が必要だ。

これらはとても重要である為、今後私が出す予想コーナーに取引禁止時間を掲載することとした(例えば、【★☆本日のエントリー禁止時間☆★21時20分~21時40分)。

このような注意記載をすることによって、トレードが初めての方であっても、分かり易く明確にエントリーすることが実現すると考えている。

前段が長くなったが、5日の相場を振り返ってみよう。

21時半の米雇用統計発表前の相場をみると、やはり神経質な小動きの展開であった。敢えてここでレンジ取引する必要はないと前回コラムで記述しているので、レンジでのエントリーはないものとした。

小動きの中でも、ヨーロッパ市場が開くと少しボラティリティが高くなり、17時半を過ぎるとやや買いが優勢となり推奨トレード1の1.1150を超える。

その後は、もみ合いが続き利食いまでは到達しなかったので、21時20分迄に決済したとして、21時台の30分足の中央値1.1153としてプラスの3ピプスで一旦終了。

そして、本番は雇用統計後の相場だ。

冒頭で解説したように、一気に大幅下落へ転じて、売り推奨トレード2の1.1100を割り込む。あっという間に利食いの1.1080に到達し、その後も継続して下落。結果として22時半には1.1045を付けたので、売りエントリー地点から、何と55ピプス下落したことになる。

その後は調整の戻りが入り、1.1103を付けたところで再び下落。1.1100で売りを仕掛けたとしても、利食いまでは到達しなかったが、終値として1.1086となりプラスの14ピプスを計上。

短期間に、これだけ相場が動くと見慣れていない方は驚いてしまうだろう。気分が高揚したり、相場展開に動揺したりするとトレードが上手くいかないこともあるだろう。

そんな中でも、しっかりと私の予想に従って行動できることが大切なのである。是非とも自己流にならないように、メンタル面の向上も併せて鍛えるつもりで取り組んで行ってほしいと願う。

┏━┓
┃4┃すないぱぁFX予想
┗━┻━━━━━━━━
▼来週月曜のFX予想はコチラ▼
https://goo.gl/vnLg2B

┏━┓
┃5┃来週の注目経済指標
┗━┻━━━━━━━━━
8/8(月)08:50 重要度★ JPY(日) 6月 国際収支・経常収支【前回1兆8091億円】【予想1兆1035億円】【結果 – 】
8/8(月)08:50 重要度★ JPY(日) 6月 国際収支・貿易収支【前回399億円】【予想7733億円】【結果 – 】
8/8(月)14:00 重要度★ JPY(日) 7月 景気ウオッチャー調査-現状判断DI【前回41.2】【予想42.5】【結果 – 】
8/8(月)23:00 重要度★ USD(米) 7月 米労働市場情勢指数(LMCI)【前回-1.9】【予想 – 】【結果 – 】
8/9(火)08:50 重要度★ JPY(日) 7月 マネーストックM2 [前年同月比]【前回3.4%】【予想3.3%】【結果 – 】
8/9(火)21:30 重要度★ USD(米) 4-6月期 四半期非農業部門労働生産性・速報値 [前期比] 【前回-0.6%】【予想0.5%】【結果 – 】
8/9(火)23:00 重要度★ USD(米) 6月 卸売在庫 [前月比]【前回0.1%(0.0%)】【予想0.0%】【結果 – 】
8/10(水)08:50 重要度★ JPY(日) 6月 機械受注 [前月比]【前回-1.4%】【予想3.3%】【結果 – 】
8/10(水)08:50 重要度★ JPY(日) 7月 国内企業物価指数 [前月比]【前回-0.1%】【予想-0.1%】【結果 – 】
8/10(水)08:50 重要度★ JPY(日) 7月 国内企業物価指数 [前年同月比]【前回-4.2%】【予想-4.0%】【結果 – 】
8/10(水)13:30 重要度★ JPY(日) 6月 第三次産業活動指数 [前月比]【前回-0.7%】【予想0.3%】【結果 – 】
8/10(水)20:00 重要度★ USD(米) MBA住宅ローン申請指数 [前週比]【前回-3.5%】【予想 – 】【結果 – 】
8/10(水)27:00 重要度★ USD(米) 7月 月次財政収支【前回63億ドル】【予想-1290億ドル】【結果 – 】
8/11(木)21:30 重要度★ USD(米) 7月 輸入物価指数 [前月比]【前回0.2%】【予想-0.4%】【結果 – 】
8/11(木)21:30 重要度★ USD(米) 7月 輸出物価指数 [前月比]【前回0.8%】【予想 – 】【結果 – 】
8/11(木)21:30 重要度★ USD(米) 前週分 新規失業保険申請件数【前回26.9万件】【予想26.5万件】【結果 – 】
8/12(金)08:50 重要度★ JPY(日) 前週分 対外対内証券売買契約等の状況(対外中長期債)【前回3121億円】【予想 – 】【結果 – 】
8/12(金)08:50 重要度★ JPY(日) 前週分 対外対内証券売買契約等の状況(対内株式)【前回-955億円】【予想 – 】【結果 – 】
8/12(金)18:00 重要度★ EUR(欧) 6月 鉱工業生産 [前月比]【前回-1.2%】【予想0.5%】【結果 – 】
8/12(金)18:00 重要度★★ EUR(欧) 4-6月期 四半期域内総生産(GDP、改定値) [前期比]【前回0.3%】【予想0.3%】【結果 – 】
8/12(金)18:00 重要度★★ EUR(欧) 4-6月期 四半期域内総生産(GDP、改定値) [前年同期比]【前回1.6%】【予想1.6%】【結果 – 】
8/12(金)21:30 重要度★★ USD(米) 7月 小売売上高 [前月比]【前回0.6%】【予想0.4%】【結果 – 】
8/12(金)21:30 重要度★★ USD(米) 7月 小売売上高(除自動車) [前月比] 【前回0.7%】【予想0.2%】【結果 – 】
8/12(金)21:30 重要度★ USD(米) 7月 卸売物価指数(PPI) [前月比] 【前回0.5%】【予想0.1%】【結果 – 】
8/12(金)21:30 重要度★ USD(米) 7月 卸売物価指数(PPIコア指数、食品・エネルギー除く) [前月比]【前回0.4%】【予想0.2%】【結果 – 】
8/12(金)23:00 重要度★ USD(米) 6月 企業在庫 [前月比]【前回0.2%】【予想0.1%】【結果 – 】
8/12(金)23:00 重要度★ USD(米) 8月 ミシガン大学消費者態度指数・速報値【前回90.0】【予想91.5】【結果 – 】


LINE@始めました!どんな質問やご要望にもLINE上でお答えいたします。