2016年08月31日

日経平均終値、12円安と冴えず。週末の米雇用統計に期待


【すないぱぁコラム】
vol.0060号 2016年08月31日発行
━━━━━━━━━━━━━━━
~目次
┏……………………………………………┓
【1】前回予想獲得pips&予想収益
【2】本日の戦略
【3】すないぱぁFX予想
【4】今週の注目経済指標
┗……………………………………………┛

┏━┓
┃1┃前回予想獲得pips&予想収益
┗━┻━━━━━━━━━━━━━
~8/30(火)~
推奨トレード(1)【0】pips
推奨トレード(2)【30】pips
レンジ取引【0】pips
合計【30】pips

▼収益シミュレーション【国内口座】▼
収益【38,250】円
※1ドル=102円換算として(現レート)
※元金50万円、レバレッジ最大25倍として

収益【76,500】円
※1ドル=102円換算として(現レート)
※元金100万円、レバレッジ最大25倍として

収益【38,2500】円
※1ドル=102円換算として(現レート)
※元金500万円、レバレッジ最大25倍として

▼収益シミュレーション【海外口座】▼
収益【271,728】円
※1ドル=102円換算として(現レート)
※元金10万円、レバレッジ最大888倍として

収益【1,358,640】円
※1ドル=102円換算として(現レート)
※元金50万円、レバレッジ最大888倍として

収益【2,717,280】円
※1ドル=102円換算として(現レート)
※元金100万円、レバレッジ最大888倍として

┏━┓
┃2┃本日の戦略
┗━┻━━━━━
昨日も前回コラムで書いた通りの流れになっていたので、取引はやり易かったと思う。日中は予想レンジ内で推移して、その後の指標結果を受けてトレンドが出始めた。デイトレードをしている方々の多くは、昨日のような相場はボラティリティが低くて大して稼げないと感じていたことだろう。しかし、そんな相場であってもやり方さえ間違わなければ今回のように確実に利益を上げることができるのだ。

では詳細を振り返ってみると、午前中は私が予想したレジスタンスラインである1.12000が強く効いている状況であり、チャート上でも完全に頭を抑えられていたことがわかるだろう。1.11920付近から上昇ができず、今度は一転して市場は下値をトライしに行くことになる。

10時半には予想したサポートラインである1.11700付近でピタッと下落がストップ。その後は、上下に殆ど振れることなくレンジ推奨時間である20時を回ってしまったので、ここはプラスマイナス0で計上した。

次に取引の山場を迎えたのは、22時半過ぎのことだ。売り推奨の1.11550を一気に下抜けすると、23時には1.11370まで下落し15ピプスで利食い。その後、戻り調整が出て25時に1.11550を付けたところで下落再開。そして、27時過ぎには1.11320まで下げ幅を拡大したのだ。また、獲得ピプスは推奨通り15ピプスで計上した。

本日については、今週末に行われるビックイベントである米雇用統計の前哨戦の日だ。つまり、夜は大相場になる可能性が高いということである。21時15分に民間機関が発表するADP雇用統計の結果には目が離せない。

┏━┓
┃3┃すないぱぁFX予想
┗━┻━━━━━━━━
▼本日のFX予想はコチラ▼
https://goo.gl/vnLg2B

┏━┓
┃4┃今週の注目経済指標
┗━┻━━━━━━━━━
8/29(月)21:30 重要度★ USD(米) 7月 個人消費支出(PCE) [前月比]【前回0.4%】【予想0.3%】【結果0.3%】
8/29(月)21:30 重要度★ USD(米) 7月 個人所得 [前月比]【前回0.2%】【予想0.4%】【結果0.4%】
8/29(月)21:30 重要度★★ USD(米) 7月 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く) [前月比]【前回0.1%】【予想0.1%】【結果0.1%】
8/30(火)08:30 重要度★ JPY(日) 7月 全世帯家計調査・消費支出 [前年同月比]【前回-2.2%】【予想-1.4%】【結果-0.5%】
8/30(火)08:30 重要度★ JPY(日) 7月 有効求人倍率【前回1.37】【予想1.38】【結果1.37】
8/30(火)08:50 重要度★ JPY(日) 7月 小売業販売額 [前年同月比]【前回-1.4%(-1.3%)】【予想-0.9%】【結果-0.2%】
8/30(火)08:50 重要度★ JPY(日) 7月 百貨店・スーパー販売額(既存店) [前年同月比]【前回-1.5%】【予想0.9%】【結果0.6%】
8/30(火)18:00 重要度★ EUR(欧) 8月 消費者信頼感(確定値)【前回-8.5】【予想-8.5】【結果-8.5】
8/30(火)22:00 重要度★ USD(米) 6月 ケース・シラー米住宅価格指数【前回188.29】【予想 – 】【結果 – 】
8/30(火)22:00 重要度★ USD(米) 6月 ケース・シラー米住宅価格指数 [前年同月比]【前回5.2%】【予想5.1%】【結果 – 】
8/30(火)23:00 重要度★ USD(米) 8月 消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)【前回97.3】【予想97.0】【結果 – 】
8/31(水)08:50 重要度★ JPY(日) 7月 鉱工業生産・速報値 [前月比]【前回2.3%】【予想0.7%】【結果 – 】
8/31(水)14:00 重要度★ JPY(日) 7月 新設住宅着工戸数 [前年同月比]【前回-2.5%】【予想7.5%】【結果 – 】
8/31(水)18:00 重要度★★ EUR(欧) 8月 消費者物価指数(HICP、速報値) [前年同月比]【前回0.2%】【予想0.3%】【結果 – 】
8/31(水)18:00 重要度★ EUR(欧) 7月 失業率【前回10.1%】【予想10.0%】【結果 – 】
8/31(水)19:00 重要度★ JPY(日) 外国為替平衡操作の実施状況(介入実績)【前回 – 】【予想 – 】【結果 – 】
8/31(水)20:00 重要度★ USD(米) MBA住宅ローン申請指数 [前週比]【前回-2.1%】【予想 – 】【結果 – 】
8/31(水)21:15 重要度★★ USD(米) 8月 ADP雇用統計 [前月比]【前回17.9万人】【予想17.5万人】【結果 – 】
8/31(水)22:45 重要度★ USD(米) 8月 シカゴ購買部協会景気指数【前回55.8】【予想54.0】【結果 – 】
8/31(水)23:00 重要度★ USD(米) 7月 住宅販売保留指数 [前月比]【前回0.2%】【予想0.7%】【結果 – 】
9/1(木)08:50 重要度★ JPY(日) 4-6月期 四半期法人企業統計調査・ソフトウェア含む全産業設備投資額 [前年同期比]【前回4.2%】【予想5.5%】【結果 – 】
9/1(木)08:50 重要度★ JPY(日) 前週分 対外対内証券売買契約等の状況(対外中長期債)【前回4331億円】【予想 – 】【結果 – 】
9/1(木)08:50 重要度★ JPY(日) 前週分 対外対内証券売買契約等の状況(対内株式)【前回-2296億円】【予想 – 】【結果 – 】
9/1(木)20:30 重要度★ USD(米) 8月 チャレンジャー人員削減数 [前年比]【前回-57.1%】【予想 – 】【結果 – 】
9/1(木)21:30 重要度★ USD(米) 4-6月期 四半期非農業部門労働生産性・改定値 [前期比]【前回-0.5%】【予想-0.6%】【結果 – 】
9/1(木)21:30 重要度★ USD(米) 前週分 新規失業保険申請件数【前回26.1万件】【予想26.5万件】【結果 – 】
9/1(木)23:00 重要度★ USD(米) 7月 建設支出 [前月比]【前回-0.6%】【予想0.6%】【結果 – 】
9/1(木)23:00 重要度★★ USD(米) 8月 ISM製造業景況指数【前回52.6】【予想52.0】【結果 – 】
9/2(金)08:50 重要度★ JPY(日) 8月 マネタリーベース [前年同月比]【前回24.7%】【予想 – 】【結果 – 】
9/2(金)14:00 重要度★ JPY(日) 8月 消費者態度指数・一般世帯【前回41.3】【予想41.5】【結果 – 】
9/2(金)18:00 重要度★ EUR(欧) 7月 卸売物価指数(PPI) [前月比]【前回0.7%】【予想0.1%】【結果 – 】
9/2(金)18:00 重要度★ EUR(欧) 7月 卸売物価指数(PPI) [前年同月比]【前回-3.1%】【予想-2.9%】【結果 – 】
9/2(金)21:30 重要度★ USD(米) 7月 貿易収支【前回-445億ドル】【予想-430億ドル】【結果 – 】
9/2(金)21:30 重要度★★★ USD(米) 8月 非農業部門雇用者数変化 [前月比]【前回25.5万人】【予想18.0万人】【結果 – 】
9/2(金)21:30 重要度★★★ USD(米) 8月 失業率【前回4.9%】【予想4.8%】【結果 – 】
9/2(金)23:00 重要度★ USD(米) 7月 製造業新規受注 [前月比]【前回-1.5%】【予想2.0%】【結果 – 】