バイナリーオプション用語集

ここでは、バイナリーオプションで用いる基本的な用語について解説していきます。やはり始めは誰もが初心者です。基本を疎かにすればするほど後程大変な目に遭ってしまうのでひとまず基本的な事は覚えておきましょう。

ハイ・ロー
バイナリーオプションの主力商品です。満期時間価格が設定価格よりも”上か下か”を予想し当たればペイアウト(払い戻し)がされますが、外れた場合は購入資金が没収されます。至ってシンプルな取引の事です。また、一定時間内なら新規購入や清算ができるものと、最後まで保有しなければならないものが存在します。
ワンタッチ
バイナリーオプションの取引の一つです。満期までに一回でも指定の価格に触れれば勝ち、最後まで届かなければ負けという方式です。タッチするかしないかを予想するものもあります。勝てば一定のペイアウト(払い戻し)が受けられ、負ければ投資資金は没収されますが、途中で”清算・購入”ができないものと、できるものがあります。
境界取引
上下2本の設定価格があり、満期にその範囲に入れば勝ち、上か下なら負け、というバイナリーオプション特有の取引のことです。
オプションビルダー
バイナリーオプション取引のひとつで、投資家自身が用意されたスタート時間、満期までの期間、ペイアウト率等を選択できる取引のことです。
60秒セコンド
バイナリーオプションのハイ・ロー取引のひとつで、スタートからエンドまでが60秒の超短期商品のことです。
USD
米国ドルのこと。
EUR
ユーロ通貨のこと。
JPY
日本円のこと。
GBP
英国ポンドのこと。
DOW
米国株式市場の代表的な株価指数、ダウ工業株30種平均のこと。”ダウ平均やNYダウ”とも呼ばれています。
S&P500
米国株式市場の代表的な指数のひとつで、正式名称は”Standard & Poor’s 500 Stook Index”の略。
FTSE
ロンドン証券取引所に上場する銘柄の上位100銘柄で構成される指数のことで、”FTSE100種総合株価指数(Financial Times Stook Exchange 100index)”ともいいます。欧州株式市場の代表的な指数です。
GMT
グリニッジ標準時のこと。欧州系業者ではよく使用されます。
アカウント
取引口座のこと。バイナリーオプション取引を行う為にはまず各業者の指定する方法で口座開設を行わなければなりません。
チケット
バイナリーオプション商品を表す言葉。数え方は”1枚、2枚”
ヒットアウト
バイナリーオプションの結果を表すケースが多く、ヒットは予想が当たった時、アウトは外れた場合を意味します。
有効期限
バイナリーオプションの権利が消滅する時間で判定時間や受付終了時間とも言われています。
判定時間
バイナリーオプションの勝敗が決まる時間。エンド時間ともいわれる。
受付開始時間
チケットの販売が開始される時間のことで、受付が判定のスタートになるものと、スタート時間を別に設定している商品があります。前者の場合は受付終了まで購入できる場合が多いようです。
ペイアウト
払い戻しのこと。いわゆる利益のことで”率(%)で表記する場合と、倍率で表記する場合があります。仮に90%のペイアウト率はペイアウト倍率では1.9倍となり、1000円に対して1900円戻ってくることを意味します。この場合の利益は900円となります。
イン・ザ・マネー
その時点で清算すれば利益の出る状態を指します。
アウト・ザ・マネー
その時点で清算すれば損失の出る状態を指します。
アット・ザ・マネー
その時点で清算しても損益がゼロの状態を指します。
アウトレンジ
判定価格に一定の範囲を設けたバイナリーオプション商品のことで、そのレンジに入った状態を指します。この場合は一般に投資家全員の負けとなります。
アスク
投資家が買うことのできる価格の事で、買値とも言われています。
ビッド
投資家が売ることのできる価格の事で、売値とも言われています。
コール
オプションを買う権利のことを指しますが、バイナリーオプションでは”上”を意味するケースが多く、”Above”と表記される場合もあります。
プット
オプションを売る権利のことを指しますが、バイナリーオプションでは”下”を意味するケースが多く、”Below”と表記される場合もあります。
原市場
バイナリーオプションが対象としている元の市場のこと。
注文
バイナリーオプションではチケットの購入、あるいは売却を表します。一般取引では注文方法に”成り行き”指値”という分け方がありますが、バイナリーオプションの場合は全て相対取引の為、”成り行きか、指定価格での売買”になります。
ロールオーバー
満期を繰越すこと。
約定
取引が成立すること。バイナリーオプションの場合は投資家対業者の相対取引となり、オプションが提示されていればほぼ100%の確率で取引は成立します。
インターバンクレート
為替取引等で利用される主要レートのひとつで、銀行間で取引されるレートのことを指します。
相場
市場の価格推移のこと。
テクニカル
価格や出来高等、市場のデータによって売買判断を予想する方法。あるいはそのツールを指します。
上昇相場
相対的に右肩上がりになっているチャートを上昇相場と言います。
下落相場
相対的に高値と安値が下降しているものを下落相場と言います。
もみ合い相場
一定の高値と安値の中に収まって上下運動を繰り返す相場のこと。
保ち合い相場
レンジ相場の中で一定のパターンで動く相場のこと。
調整相場
比較的激しく上昇や下降した後に訪れるもみ合い相場のこと。
転機
相場の流れが変わる、または変わったポイントのこと。
ゴールデンクロス
短期平均線が中期、あるいは長期の平均線を上回ったところを指す。
デッドクロス
短期平均線が中期、あるいは長期の平均線を下回ったところを指す。相場の転換ポイント。
相場サイクル
上下動を繰り返す価格の動きの中から見つけた一定間隔のセオリーのこと。
順張り
相場の勢いについていく手法のこと。
逆張り
相場の勢いが反転する時にエントリーする手法のこと。
チャート
相場の価格推移を時系列にまとめたもの。罫線ともいい、売買判断を行う基本的なツールのこと。ロウソク足やライン足等もこれに含まれる。バイナリーオプションでは1分足、5分足等様々なものがある。
4本値
一定期間の寄り付き、高値、安値、終値の4つを指す。
ティック
約定した価格の時系列データのこと。これを元にグラフ化したものがティック足と呼ばれています。超短期売買のバイナリーオプションでは重要なチャートです。
陽線
終値が始値(寄り付き)を上回っている状態の足を表し、買いの勢力が強いことを指します。
陰線
終値が始値(寄り付き)を下回っている状態の足を表し、売りの勢力が強いことを指します。
平均線
一定期間の価格を平均化した足のこと。一般的に終値で計算し、相場のブレを排除し流れを見る時に用いるテクニカルのひとつです。
トレンドライン
過去の2つの高値、または安値を直線で結んだもの。
ヒゲ
ロウソク足において、高値または安値が始値あるいは終値から大きく乖離した状態を指します。高値が乖離している時は”上ヒゲ”安値が乖離していれば”下ヒゲ”と言います。このヒゲが長いほど反対勢力が強まっていることを表します。