FXの基礎知識

ようこそ!ここではFXを始める前に基礎について学んでいきましょう。

まずFXとは外国為替証拠金取引(Foreign Exchange)の略で文字通り通貨の売買によってその差益を得る取引のことを指します。例えば日本のお金(円)を米ドルなどの外貨(通貨)に交換したとします。この時、1ドルあたり110円で1000ドルを円と交換した場合は11万円かかりますが、その後1ドルあたり120円になった時に持っているドルを売却すると12万円となります。この場合の利益は1万円となり、この通貨の値動きを交換レートといいます。

また、この利益自体を為替差益と呼び、FXでは主にこの為替差益(キャピタルゲイン)をねらって取引を行っていきます。このキャピタルゲインの他にインカムゲイン(利息)を狙って取引する方法として外貨預金があります。インカムゲインは主に高い金利の外国通貨に投資することで、比較的安全に利益を追求することが可能です。

~為替レートとは?~

FXでは異なる二国間の通貨を取引しその差益によって利益を追求します。その際に重要となってくるのが為替レートと呼ばれるものです。この為替レートはほとんどの場合、変動相場制となっており絶えず変化しています。また、為替レートは各国の経済状況によって変動していますが、一般的にその国の経済状況が良い場合には通貨の価値が高くなり、逆に悪い場合には低くなる傾向にあります。

ただ、通貨の価値が高ければ良いというものではなく、どちらにもメリット・デメリットが存在します。また、円の価値が高い状態のことを円高と呼び、円の価値が低くなることを円安と呼びます。例えば1ドル120円だったものが1ドル100円になった場合、これは円高となり、日本円で1000円支払うことでドルでは1200円の価値の商品が交換出来るということになります。逆に1ドル100円だったものが1ドル120円になれば、日本の商品をドルで購入しやすくなるということになります。その為、一般的に円安の時は日本の輸出産業が活発になると言われています。

~レバレッジで稼ぐ!~

FXの魅力はやはりその収益性にあると言えます。なぜなら少額の資金で多額の利益を狙うことができるからです。例えば1万ドルの外貨預金を行う場合、必要な資金は1万ドルですが、FXでは口座に預けた金額を担保とし、その何倍もの外貨を買い付けることができます。

また、FX口座に預ける担保のことを証拠金と呼び、例えば10万円の証拠金で100万円のFX取引を行うことも可能です。だからこそFXは少額の資金でも多額の利益を狙うことができる投資手段として世界中から注目されているのです。

また、証拠金の何倍もの金額を取引するシステムの事をレバレッジと呼び、該当取引がレバレッジ10倍だと仮定すると、100万円の資金で1000万円までのFX取引を行うことができます。

~レバレッジの歴史~

FXの最大の魅力は、レバレッジを利用すれば自己資金の何倍もの取引を行うことが可能だということでしょう。しかし、何倍もの取引が可能だということは、その逆もあるということになります。レバレッジは大きければ大きいほどその利益が大きくなりますが、反対にリスクも大きく膨らむことになります。

また、かつてはレバレッジ50倍や100倍と高く設定することも可能でしたが、現在では規制がかかり日本国内では25倍が上限と定められています。しかしFX取引は日本国内だけではなく世界中で行われており、海外のFX口座を利用すればレバレッジ50倍や100倍といった取引が可能な場合もあります。ですが、やはり慣れないうちは例え利益が出ていたとしてもレバレッジを低めに設定しておくのが無難かもしれません。

~スワップ金利とは?~

さて、FXの魅力はなんとなく理解出来てきたのではないでしょうか?ここでは、インカムゲインを主に取り上げて説明していきます。インカムゲインとは利息の事だと説明しましたが、FXにもこのインカムゲインは存在します。これは金利の低い通貨を売り、金利の高い通貨を買った時にその金利差分を得られるというもので、このことをスワップ金利と呼びます。

例えば金利1%のA国の通貨を売却し、金利3%のB国の通貨を買えばその差分の金利2%がインカムゲイン(利息)として得られるという事になるのです。また、このスワップ金利による金利差の事を、スワップポイントと呼びますが、このスワップポイントはレバレッジが反映されるので、上手く利用すればたとえ少額の資金だとしても収益を期待することができます。

しかし注意しなければならないのが、逆に高い金利の通貨を売却し、低い金利の通貨を買った場合です。この場合は、金利差分を支払わなければならないことになるのでスワップポイントの見極めが重要となってきます。

~ロスカット(強制決済)に備えよう!~

FX取引を行う時に必ず想定していなければならないことがあります。それは損失(負け)が拡大した時にどうするか?ということです。FX取引を行う時は誰もが利益拡大に注目しがちですが、取引の上手な人ほどリスクにどう備えるかを重要視しています。

まずFX取引では証拠金を口座に入金する事から始まりますが、用意した証拠金を損失額が上回った場合はどうなるのでしょうか? その場合、損失が一定の基準を上回ったところで多くの取引業者がマージンコール(警告)というものを発します。このマージンコールがなされると、投資家は証拠金を更に追加しなければなりません。これを追証(おいしょう)と呼び、投資家が差し入れることができなければ取引が自動的に決済され損失が確定されてしまいます。

このシステムはロスカット(強制決済)と呼ばれレバレッジに大きく関係してきます。レバレッジは証拠金の何倍もの取引を行うことができますが、逆にロスカットのリスクも同時に抱えることになるのです。このことからレバレッジを利用する際は、どの時点で損切り(損失の拡大を防ぐ処置)を行うかの基準を予め決めておくと良いでしょう。

~毎日コツコツ!これが基本です~

子供の時には十分にあった時間が大人になるとどんどんと減っていきます。これは仕方のない事なのですが、お金を稼ぐにはやはり時間がとても重要なものになってきます。しかし一日は24時間しかありません。もちろん仕事をして家に帰るとクタクタ…何もする気が起きなくなるのは当然の事です。しかしFXは24時間いつでも・どこでも取引する事が可能です。

これは世界各都市にある銀行間で、電話やインターネットを通じて取引が行われている為です。これをインターバンク市場と呼び、銀行が閉まる金曜日夕方から月曜日の朝までを除き、24時間いつでも・どこでもFX取引を可能にしてくれているというわけなのです。その為、仕事終わりに電車の中で…自宅に帰ってから30分だけ…などなど時間を決めて自由に投資を行う事も可能になります。

また、1日の目標利益を3万円と設定すれば毎月の副収入が50万~60万という事になりますが、十分狙っていける範囲と言えます。このように、FX取引を上手に利用すれば少ない時間で大きな利益を生むことも可能です。しかし、そこで大事になってくるのは、毎日・コツコツ・決まった時間、取引を行う事なのかもしれません。

~通貨にもそれぞれ特徴がある~

FXでは世界中の通貨を取引できます。しかし、全ての国の通貨が取引可能というわけではなく、一定の基準により取引可能な通貨が定められています。例えばアメリカ(米ドル)、ユーロ、イギリス(ポンド)など主要国から、トルコ(トルコリラ)、南アフリカ(ランド)など新興国までおよそ20の通貨が投資対象となっています。それぞれ取引業者によって扱う通貨数は異なりますが、これらの国の通貨を取引することによって世界中でFX取引が行われているのです。

また、通貨によって金利も異なるのでスワップポイント狙いの投資なら金利の低い通貨(売り)と金利の高い通貨(買い)の通貨ペアを選ぶ等、戦略も変わってきます。更に、その国の特徴を知ることで投資予想に役立てることも可能です。例えば資源国通貨は原油価格や金価格に大きく左右されます。

すなわち、原油価格が上昇すれば産油国の通貨の価値は上昇し、金価格が上昇すれば産金国の通貨は上昇する…といったように、通貨の価値はその国の経済に深く関係してきます。 また通貨のなかでも流通量が多く、国際金融取引で基準通貨として使用されているものを基軸通貨と呼びます。現在では米ドルが基軸通貨としての地位を占めていますが、将来的には人民元が基軸通貨になる、との見方が強いようです。また、FX取引にまだ慣れていないうちは日本国の円や、米ドル、ユーロ、等その国の情報が入りやすい通貨で取引した方が無難かもしれません。

~メインとなる取引時間~

外国為替市場は、土日を除いて24時間眠ることはありません。その中でも、特に商いが活発になる時間帯があります。まずは、世界各国の為替取引が行われている時間帯についてご紹介しましょう。全て日本時間にて表示しています。

  • ニュージーランド(ウェリントン)・・・朝5時~
  • オーストラリア(シドニー)・・・朝7時~
  • 日本(東京)・・・朝9時~
  • 香港・・・朝10時~
  • シンガポール・・・朝10時~
  • ドイツ(フランクフルト)・・・17時~
  • イギリス(ロンドン)・・・18時~
  • アメリカ(ニューヨーク)・・・23時~

※冬時間は、日本の11月~3月です。ただ夏時間では、サマータイム導入国についてはオープン時間とクローズ時間が1時間早まります。

上記が主要国の取引開始時間ですが、この中でも取り分け取引量が多いのがユーロ圏市場とアメリカ市場です。つまり、この2つの市場が開いている時間帯、日本時間で言えば日中よりも夜の時間に活発に取引が行われることになるわけです。

~分散投資によるリスク軽減~

投資方法には、大きく分けて2種類あると言えます。 それは、1つの通貨ペアで1つの手法に集中させて取引を行う『集中投資』です。そしてもう一つには、複数の通貨ペアで複数の取引手法に分けて行う『分散投資』があります。

前者の『集中投資』では、自身の思惑通りに相場が動いた場合、かなりのキャピタルゲインを獲得することが可能ですが、万が一にも逆に相場が動いたときの損失は大きくなります。 それに対して後者の『分散投資』では、損失が出たとしても部分的に限定されてトータルで見ると安定していると言えます。

つまり『分散投資』は、リスクを軽減させるのにとても有効な手法と言えます。但し、あくまでもこれは教科書的な話しです。 ここで勘違いして欲しくないこととしては、 トレード技術が備わっていないにも関わらず色々な通貨ペアに手を拡げ、そして手法も一定しない…ハッキリと言いましょう!このような取引では間違いなく成功しません。 真にプロの投資家としてトレードをしている方々は、自信のある絶対的に信頼を寄せている投資手法で、最も得意な通貨ペアへ取引を集中させているのです。これは、為替という巨大マーケットだからこそ出来る投資手法でもあると考えています。 つまり、ユーロドルのように為替の中でも最も流動性の高い通貨ペアを選択し、取引に集中することこそが利益増大に繋がるのだと私は考えています。