投資に関する考え方

このコラムを読んでいる皆さんは、例外なく共通していることがあります。それは、今よりも資金を増やしていきたいという気持ちを持っている点でしょう。

現在の社会では将来的にも、銀行にお金を預けていても金利はほぼゼロの状態と考えて間違いありません。しかし、せっかくの資金をそんな死んだ状態にしておく程勿体ないことはありません。

つまり、上手く自分で運用して少しでも資金を増やしていくことが出来れば、今よりも確実に経済的な豊かさを手に入れることが出来るはずです。

そこで投資に目が向くわけですが、そもそも投資の考え方をしっかりと持っておかないと後々大きな差になって現れるということを最初に申し上げておきます。

能力のある方の指導を受けながら実力を付けて運用を行えば、月間20%の利益を出すことは可能かと考えています。つまり、年間にすると240%の利益ということです。

では次に、2つのパターンの考え方をご紹介しましょう。比較する為に【単純運用】【レバ固定運用】と勝手に名称を付けてみました。

この2つの考え方によって実は大きな差が出るのです。一般的に身近に感じるのは、前者の【単純運用】の方かと思います。

【単純運用】で、100万円をレバレッジ10倍(1000万円)の取引にして運用し、1か月で20%の利益獲得に成功したとします。

そうすると次の月は120万円になります。翌月120万円を同じように1000万円の取引をした結果20%の利益獲得。140万円です。これを12カ月行うと、20万円×12カ月=240万円。この240万円に元金100万円をプラスして340万円になっているはずです。

これに対して、次は【レバ固定運用】で考えてみましょう。比較をする為に、20%という全く同じ利益獲得率で計算してみます。

1か月目は100万をレバレッジ10倍(1000万円)の取引にして20%で運用すれば、同様に120万となり、ここまでは結果が全く同じです。そして翌月は、120万のレバレッジ10倍(1200万円)の取引をして同じ20%の利益計算をします。

すると結果は144万となり、更に同じ要領で毎月継続していきます。3か月目173万、4ヵ月目208万、5か月目250万、6か月目300万、7か月目360万、8か月目432万、9か月目518万、10か月目622万、11か月目746万、1年後895万

では、1年後の両者を比較してみましょう。【単純運用】340万に止まったのに対して、【レバ固定運用】のケースでは何と895万になっており、その差は555万円となります。更に2年目も同じ手法で取引を継続していくと、この差は益々拡大していく結果になるのです。

皆さんは、せっかくFXという利益獲得のできるチャンスに巡り合った訳ですから、是非とも後者の考え方で運用をして頂き経済力の向上を達成されることを願っています。

執筆
すないぱぁ